HDDが認識しない・Wifiが「ハード... 以前ご紹介させていただいた無料で使えるコードエディタ「Brackets」。 まず、第1位のMacBook Proのメモリ−増設ですが、2012年のRetinaディスプレイモデル以降は増設不可です。 MacBook Proに限らず、Macノート系はすべて同じです。 実際には、ロジックボードをそっくり容量アップしたものと交換する事でメモリの増設は可能です。 僕も今回自分でMacBook Proの換装作業を行うまで素人同然だったので、本当に知らないことだらけでした・・・!, ちなみに僕が使用しているMacBook Pro 15-inch Mid 2012の換装前のスペックは、, まずは、換装するためのSSDについてです。僕が購入したSSDは、「crucial バルクSSD」というものです。, MacBook ProのHDDをSSDに換装するにあたり、注意すべきポイントとしてはいくつか挙げられます。, まずは、SSDのサイズに注意する必要があります。当たり前といえば当たり前ですが、元々搭載されていたHDDと新しく購入するSSDは、同じ大きさでなければいけません。, 今回の僕は、元々MacBook Proに搭載されていたHDDのサイズが2.5インチだったため、同じく2.5インチのSSDを換装用として選び、購入しました。, SSDの容量は結構悩ましい問題です。 MacBookシリーズのメインメモリ(RAM)の8GBの容量となっており16GBに増設できますがメインメモリを増設すべきかどうか迷うところです。, メインメモリをの容量が多いと一度に扱うことができるデータ量が多くなりMacBookの動作速度が速くなり、アプリの動作が安定し切り替えが快適になるなどのメリットがあります。, この記事では「Macのメインメモリ(RAM)の容量は8GBで足りるのか?」それとも「16GB・32GBに増設した方がいいのか?」を徹底比較しています。, 実際にMacBook AirとMacBook Pro 13インチを使ってメモリを8GB・16GBにした場合のアプリの起動時間を比較したので、メインメモリ(RAM)の量によってどれくらい体感速度が違うの分かるのかなと思います。, MacBook Air、MacBook Proのメインメモリの容量で迷っている方は参考にしてみてください。, 多くのモデルで8GBの容量のメインメモリを標準搭載していますがMacBook Air、MacBook Pro 13インチは最大16GBまでメインメモリを購入時に増やすことが可能となっています。。, 2020年のIntelプロセッサを搭載したMacBook Pro 13インチとMacBook Pro 16インチは標準で16GBのメインメモリを搭載しカスタマイズで32GBにすることもできます。16インチさらに64GBまでメインメモリを増設できるのでカスタムの幅がかなり広いのが特徴となっています。, なお、AppleシリコンのM1チップは、統合型のSoC(システム・オン・チップ)になったことで超高速ユニファイドメモリを採用しています。, 高帯域幅を持つ低レイテンシのメモリを1つにまとめることで、CPU、GPU、Neural Engineの間でやり取りされるデータを複数のアプリが効率良く共有で切るので、Intelモデルよりもメモリの転送速度が向上し快適になっています。, 実際に8GBのメインメモリを搭載したMacBook Air(M1)を使っていますがかなり快適に動作します。一般用途であれば8GBのメインメモリがあれば十分快適に動作する性能となっているので、満足いくレベルで作業ができるでしょう。, メインメモリ(RAM)はMacだけではなくWindowsパソコンやiPhone/iPad/Androidなどのスマートフォンにも搭載されていてコンピューターには必要不可欠なものです。, メインメモリの役割を簡単に表現するなら「CPUがHDD/SSDから引き出してきたデータを処理する場所」となります。机の広さでCPU、ストレージ、メインメモリ(RAM)を例えることが多いですよね。, 机が狭い(4GB/8GB RAM)と一度に広げることができる書類(データ)の数が少なくなってしまうので、CPUが一度に処理することができるデータ量が少なくなってしまいます。, Macは限りある机の広さを有効活用するために使っていない書類(データ)を積み上げて(メモリ圧縮)することで机の広さを確保します。, さらにしばらく使っていない書類(データ)は机から手に届く範囲の近い本棚や引き出し(HDD/SSDのスワップ領域)に一次的に置くことで机の広さをキープしているのです。, 使っていない書類(データ)を使うときは積み上げられた書類を再び机の上に広げる必要があり、この時に書類(データ)を広げる作業が発生してしまうのでMacの動作が遅くなってしまうのです。, メモリ使用率が高くなるのが写真などの画像データです。メインメモリの容量が少ない端末で大量の画像を同時に開いたりすると、速度が極端に遅くなってしまうのでたくさんの画像を処理することが多いなら容量は多い方がいいでしょう。, 机が広い(16GB以上のメインメモリ)と一度に広げることができる書類(データ)が多くすることができるので、あまり使っていない書類(データ)もそのまま置いておくことができます。, つまり、CPUが一度に処理することができるデータ量が多く、しばらく使っていなかったデータを使う時も素早く取り出すことができ速く処理することができるのです。, 要するにMacを快適に使いたいのであればメモリ(RAM)容量は多く積んでいた方が間違いなく高速処理することができるということになります。, アクティビティを確認してみても8GBよりも16GBの方が同じアプリを起動して使ってもメモリ圧縮されているアプリはごく一部でスワップ領域も使われていないのが分かります。, つまり、RAMの容量が多いことでデータを一時保管できる領域を多く確保し、圧縮解凍という作業をする必要がなく全体的な処理速度が向上するということになるのです。, では、実際に8GB・16GBでMacの起動、アプリの起動の速度を計測していました。Intelプロセッサと8GBのメインメモリを搭載したMacBook Pro 13インチ(2019)と16GBのメインメモリを搭載したMacBook Pro 13インチ(2019)で試しました。, CPUなどのスペックは全く同じとなっていて、メインメモリの容量のみが違うので動作速度にどのような影響を与えるのか正確に分かるかと思います。, 同じスペックのCPUを搭載したMacBook Pro 13インチでもメインメモリの容量が8GBよりも16GBの方が全体的に動作が高速化しているようですね。, とくに大容量のデータを起動するときの速度は8GBよりも16GBの方が速くなっており、Photoshopで10MBの画像を40枚同時に開いた場合に動作速度に大きな差が出て8GBのモデルだと動作が遅くなっています。, アプリを複数起動した状態でミッションコントロールを使うと動作のもたつきがあり不安定な動作にもなってしまいます。, なので、シングルタスクではなくマルチタスクで作業することが多いなら間違いなく8GBよりも16GBのメインメモリを搭載したモデルの方が快適に作業することができます。, なお、2020年後半に発売したAppleシリコンのM1チップを搭載したMacは8GBのメインメモリを搭載したモデルでも十分快適に動作するようになりました。, これはM1チップのSiC(システム・イン・チップ)にメモリ領域も埋め込んでしまったことでCPU、GPU、NPU、コントローラーチップがダイレクトにメモリにアクセスできるようになったことで、データ転送速度が向上したことで少ない容量でも効率よくデータを回すことができるようになったためです。, MacBook Pro 13インチ(M1)とMacBook Pro 13インチ(Intel)のメモリの転送速度を計測してみました。, Intelモデルのメモリは15〜33GB/sほどのデータ転送速度になっているのに対して、M1モデルのユニファイドメモリは14〜62GB/sと倍のデータ転送速度になっているのが分かります。, IntelモデルのMacBookだと8GBと16GBのメモリだと動画の書き出し速度にかなりの差が出ますが、M1モデルは差はほとんどなくなります。22分のフルHD動画をFinal Cut Proで書き出しをしてみたところ書き出し速度はほぼ横並びとなりました。, 8GBのメインメモリを搭載しているMac miniが最も速く書き出しができているのが分かります。つまり、メモリの容量ではなく排熱性能によって書き出し速度が左右されているということになります。, こちらの動画ではM1チップを搭載したMacBook Air(8GB)とMacBook Pro 13インチ(16GB)で色々と比較しています。, M1モデルはメインメモリの容量の違いで動作速度が変わることはほぼないです。ただ、一度に起動できるアプリの数が異なったり、アプリの切り替え速度が変わったりします。, 例えば、8GBのメインメモリを搭載したモデルはSafariのウィンドウを50個ほど同時に表示させるとmacOS全体の動作が遅くなりますが、16GBのメインメモリを搭載したモデルなら動作が遅くなるということがありません。, M1チップを搭載したモデルでも8GBのメインメモリだと基本的に容量が足りなくなってしまうのですが、SSDストレージにスワップ領域を作ることによってメモリの代わりとして問題なく動作させています。, SSDストレージの速度もM1モデルは高速化されているので、スワップしたとしても動作が遅いと感じることはありません。, ただ、ストレージが256GBと低容量モデルでストレージがいっぱいの状態で使うとスワップするための容量が足りなくなって「メモリが足りません」という警告が表示してアプリが停止してしまうことがあるようです。, 動画編集をすることが多いのならメインメモリは16GBにカスタマイズしておくか、512GBにストレージの容量を多めにしておいた方がいいのかもしれません。, メインメモリ(RAM)に格納しきれなかったデータはスワップ領域としてストレージに一時保存(キャッシュ)し、使用アプリが増えてマルチタスク量が大きくなるとスワップ使用領域がどんどん増えていきます。, 転送速度の遅いHDDはデータの読み出しの処理が遅くなってしまいますが、転送速度の速いSSDストレージならスワップ領域からデータを読み出しをしても、さほど遅いと感じることはないです。, また、M1チップを搭載したMacBook Air、MacBook Proは超高速のユニファイドメモリになったことで8GBのメインメモリでも驚くほど高速に動作させることができるようになりました。, M1チップのMacを買うなら8GB、IntelチップのMacを買うなら16GBにするのがおすすめです。, Intelチップを搭載したMacは複数のアプリを起動するとモタツキが出やすいので、少しでも快適に作業をしたいなら16GBのメインメモリを選ぶのがいいでしょう。, M1チップを搭載したMacなら基本的に8GBで問題はないと思います。ただ、今後のことを考えルト16GBにカスタマイズしておいた方が安心感が増して長く使うことができるのかなと思います。, メインメモリ(RAM)は多ければ多いほど余裕ができて動作が安定します。これは紛れもない事実です。とはいえ、メモリを増やせばコストが高くなりお財布が寂しくなるのも事実。バランスが重要ということになります。, Macのメモリ(RAM)容量は8GBで足りるのか。16GBに増設した方がいいのかは、Macでどのような作業をしたいかによって判断すればいいでしょう。, なお、M1チップのMacにするか、IntelチップのMacにするかで考え方が変わってきます。, M1チップを搭載したMac mini、MacBook Air、MacBook ProはM1チップの中にLPDDR4メモリを内蔵していためCPU、GPU、NPUとのアクセス速度が大幅に向上していて、動作が非常に安定しています。, こちらはMac mini(M1・8GB)とiMac 27インチ(Intel・64GB RAM)のメインメモリのデータ転送速度の違いを比較したものです。, iMac 27インチ(Intel・64GB RAM)のメモリは15〜30GB/sの速度なのに対して、Mac mini(M1・8GB)は20〜60GB/sと倍のデータ転送速度になっているのが分かります。, また、SSDストレージも最大3.2GB/sの高速タイプを採用していることもあり8GBの容量でも十分快適に動作するので、動画編集なども8GBのメインメモリでも十分快適に使うことができます。, ただし、長くMacを使いたい、今後処理の重いアプリを使う(3Dグラフィックの制作とか)ことがあルのなら16GBのメインメモリにした方がいいでしょう。, メインメモリ(RAM)が8GBでできる作業は意外と多く、そこそこの動作速度でいいなら問題ない容量となっています。, 基本的に簡単な作業であれば8GBのメモリがあれば十分にこなすことができます。また、メインメモリ(RAM)が8GBだったとしても負荷の高い作業ができない訳ではありません。処理時間が少しだけ長くなってしまうだけです。, 動画編集もできますが書き出し速度に時間がかかってしまうので急いで作業をするつもりはない、のんびりと作業すればいいよ、と仏のような考えの持ち主の方なら8GBのメモリで十分でしょう。, MacBook Pro 13インチ(上位)、MacBook Pro 16インチのメインメモリは標準で16GBを搭載しているので基本的にカスタマイズの必要性はなくなりました。, Illustratorなどでペラモノのチラシをデザインするくらいなら8GBのメモリでも十分にこなすことができますが、ページモノになってくるとデータ量が多くなるので16GBあった方がより快適に作業できるでしょう。, 16GBのメインメモリがあれば動画編集の書き出しもそこそこの速度で処理できます。様々な作業を快適に同時進行させたい場合も16GBのメモリはあった方がいいでしょう。, また、4Kモニターを接続してデュアルモニター環境を構築する場合も8GBよりも16GBの方がより安定した動作をさせることができます。, さらに快適な環境で作業したいなら32GBに増設しましょう。iMac 27インチなら16GBもメインメモリ(RAM)を2枚追加するだけで40GBに増設することができます。, 32GBのメインメモリが必要になる場面は少ないですが、動画編集やデザイン制作などクリエイティブ作業をさらに快適にこなしたいならおすすめとなります。, 2020年のMacBook Pro 13インチ(上位モデル)は32GBまでメインメモを増設できるようになり、MacBook Pro 16インチは最大64GB、iMac 27インチも最大で128GBまで増設することができます。, MacBookとMacBook Air/MacBook Proは購入してからメモリを増設したいと思っても絶対にすることができないので、数年間使い続ける意志があるなら16GBに増設するのがおすすめです。, 8GBから16GBの増設は購入時にオプションで選択して22,000円の追加費用を支払うことでできます。, iMac 27インチモデルならユーザー側でメモリを交換することができます。8GBのメモリを搭載したモデルを購入した後にAmazonなどでメモリを安く購入して換装した方が安くメインメモリを増設できます。, iMacのメインメモリはAmazonなら16GBが9,000円ほどで買えるので、同じ予算で32GBの増設ができる計算になりますね。最近はメモリの価格が下がったのでiMacのメモリ増設は間違いなく自分でやるのがいいでしょう。, MacBookやMacBook Air、MacBook ProはApple公式サイトで購入する時にオプションでメモリ容量を増設できるのですが、Apple公式サイトでしか増設・カスタマイズできないので注意です!, iMac 27インチは自分でメモリを増設することができます。実際にiMac 27インチのメインメモリを8GBから40GBに換装したので増設方法をこの記事で解説しています。, ちなみに先日、iMac 27インチを2017年モデルから2019年モデルのiMacに乗り換えをした際にもメインメモリを自分で入れ替えをして快適なMac環境を手に入れています。, はじめてVESAマウントアダプタモデルのiMacを買ってモニターアームで設置したんですけど、これがめちゃくちゃ快適なんですよね。iMacにするならモニターアームが使えるVESAマウントアダプタモデルはおすすめですよ。, MacBook ProやAirを使っているなら4Kモニターを組み合わせるとノート型Macが最強のデスクトップマシンにすることもできます。, iMacとMacBook Proの違いを比較した記事やiMacをレビューした記事もあります。, MacBook Proを買ったら揃えて起きたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!, はじめまして 新型のMacBook Pro(2019年7月139800円)を購入予定ですが、アドバイスお願いします。 予算は定価プラス2万円、メモリを増やすか、SSDを増やすかで迷っています 作業としては、iPhoneで撮影した動画のiMovieでの編集(完成形で5分程度)、あとはエクセルなどでの作業です。 以前は2017年7月モデルのProを購入しようと思っていましたが、お手頃な価格で発売されたので…, これくらいの作業であれば、どうすれば良いですか?現在AIR2014年モデル、4ギガ128Gバイトを使用しています。, これ、結構難しいシチュエーションですね…!あくまで僕の場合ですが、予算がプラス2万円ならメインメモリを8GBから16GBに増やします。ストレージ容量が足りなくなっても外付けSSDを接続したりiCloud Dreveを使うことで対応できますがメインメモリは追加できないので。, ちなみに、今お使いのMacBook Airは128GBの容量で十分に足りてるでしょうか?もし、厳しそうならSSDを256GBにするかもしれないです。, 今のAirはSDカード(128)をサイドに差し込んで、作成した動画は別途USBや、限定公開でYouTubeなどに保存しています。, 256でなんとか耐えています、という感じです。256にしたいところですが、おっしゃるように、メモリは後付できないし、SSDとほぼ同じ値段で16ギガに出来るし、でも今のAirが4ギガだから8ギガになるから…と悩ましいところです。, そもそも選択肢があるかはわかりませんが、可能であれば32GBにしておいた方が良いですよ。, ノート型ならMacBook Pro 15インチモデルだけ32GBのメインメモリを選択することができます。13インチは16GBまでとなっていますね。まあ、メインメモリは予算が許すなら多いに越したことはないでしょうね!, 初めまして。 MacBook Pro13インチの一番下の下位モデルの購入を考えています。 使用目的は、5分程度の動画の作成。〔プレミアプロを使います。〕 プログラミング、ブログ です。, 動画、プログラミング、ブログの更新をするということですが、MacBook Pro 13インチの下位モデルでも十分作業できると思います。2019年7月に発売した1.4GHzのエントリーモデルは性能が意外と高いので快適に使うことができるのかなと思います。メモリは8GBでもいけますがストレスなく使いたいなら16GBにした方がいいような気がします!, ちなみにですが、整備済製品2018年モデルのMacBook Pro13インチ8GB 256GBと 2019年MacBook Pro 8GB 128GBの新品を買うかどちらがいいですかね、、、 2万円ほどプラスでカスタム可能です、、、, 2018年モデル整備済製品は、日本語キーボードになりますが、4つUSBポートがついてること 新品で買った場合、USBポート2つになりますが、USキーボードにできるという それぞれいい点あります、、、 悩みます、、, 僕だったらMacBook Pro(2019/1.4GHz/8GB/128GB)をカスタマイズして256GBにします。, MacBook Pro13インチ(2018/2.3GHz/8GB/256GB)と(2019/1.4GHz/8GB/128GB)の比較をこの記事で比較してるのですが、CPUの性能は2.3GHzと1.4GHzはほぼ同じです。しかもバッテリー持ちがかなり向上していてバタフライ構造のキーボードも改良されていて静かになっています。, ・整備済製品MacBook Pro13インチ(2018/2.3GHz/8GB/256GB):163,800円 ・MacBook Pro13インチ(2019/1.4GHz/8GB/256GB):159,800円, USキーボードの方が使いやすいですし、USB-Cポートが4つ必要ないなら2019年モデル推しです!なかなか選択肢が多いというのも選ぶのが大変かもしれないんですね…☺️, なるほど!詳しくありがとうございます!USBポート4つ使うことなんてないと思うので、少し不便にはなりますが、2019年のにすることにしました!, お役に立てて良かったです!USBーCポートは2つあれば十分かなって本当に思います。3つすら使ったことないかも…!MacBook Pro…楽しみですね!, 本日やっと届きました!MacBook Proライフ楽しみます!色々相談乗っていただきありがとうございました!!, 一緒にケースも買ったのですが、気にくわない肌触りで返品という、、、一緒に開封して、最高って感じだったのにガーン、、、という結果に、、、、萎えました、、, MacBook Proのご購入、おめでとうございます!ケースはちょっと残念でしたね…(笑)本体の質感がいいからケースってなかなか難しいですよね。僕も以前、Andmeshのケース使ってたけど今は何も付けずに使ってますw, はじめまして。 中学生です。家にはWIN7しかなく個人用でMac Book Airを買おうと思っているのですがどちらをえらべばいいでしょうか? 僕は将来的には負荷のかかるような作業をしたいのですが今はするかをわかりません。 お金はギリギリですがその増設分くらいは大丈夫なので8GBと16GBのどちらにすべきでしょうか? コメントよろしくお願いします。, MacBook Air、いいですね^_^!可能ならメインメモリは16GBに増設しておいた方がいいです。特に負荷のかかる作業(動画編集とかですか?)をするなら16GBは必須かもしれないですね。動画編集において8GBだと動作が遅くて大変だと思いますよ!, 教えていただきたいのですが、私はimc21インチlate2013の1TBHDD内蔵8GBでフォトショップなどを使っていまして、いつもメモリー使用量が7GB近辺でメモリープレッシャーもオレンジになってしまい、動きが少し引っかかるくらいなので、こちらの記事とは別のmacを外付けSSDから起動で高速化の記事を拝見させていただき、そのようにしようと思っているんですが、こちらを拝見させていただき、メモリー増設方法にimac21インチはApple Storeと正規プロバイダーで増設と記載されていますが、正規プロバイダーで増設とはどのような方法なのでしょうか?購入後は無理なのでしょうか?あまり詳しくないもので簡単な質問で申し訳ありません。, iMac 21インチは購入後もApple Store直営店・Apple正規サービスプロバイダで増設できるモデルがあるのでAppleのサポートに問い合わせしてみてはいかがでしょうか。おそらく、いったんiMacを輸送してAppleで増設してもらって返却という流れになると思います。, 返信ありがとうございます。まずは外付けSSDから起動してみてのちにそれでも不満があれば、メモリー増設も検討していきたいと思います。またなにかありましたら相談させて頂きたいと思います。ありがとうございました。, Xcodeを使った作業をしようとしています。airかProだったらやはりProがいいんですかね?できることなら値段は抑えたいのでAirカスタムを検討していました。, プログラミングをするだけならAirでもいいんでしょうけど、シミュレーションとかするとなるとMacBook Proの方がいいと思います。やはり、CPUの性能が全然違うので快適に作業したいならProなのかなーって思います。, メールアドレスを入力しなくてもコメントは残せます。メールアドレスが公開されることはありません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. メインマシンがMacBook Proから交代した話, BracketsでPHPデバッグがサクサク捗る!PHP debuggerの設定方法, Git入門2 – SourceTreeでリモートリポジトリを絡めたGit操作を理解する-, 大きいは正義!自宅の作業環境を4画面モニターから大画面PCモニター1つにまとめて幸せになった話, Instagram Graph APIの基本的な使い方・Webサイトにインスタの写真を埋め込みする方法, Instagram動画・倍速〜何倍にも早送り& スロー再生する方法を紹介!PCを使ってコピペで簡単に実現できる!, Webサイトデザイン時のアートボードサイズは何pxで作成すれば良い?PC・スマホ・タブレットそれぞれの設定サイズについて考えてみよう!, Macのフォント、ttcファイルをttfファイルに変換するのに便利な「transfonter」, Visual Studio Codeプラグイン「SFTP」の使い方。FTPソフト立ち上げ不要でファイルアップロード可能, 【故障?】Amazon Echoの電源が入らなくなったので、行った対処法と過程と結果を全て書いてみる, Webサイトに使用する画像の容量ってどれくらいが目安? Webサイト全体のデータ目安容量も含めて考えてみる, 2020年マウスを買い替え続けてたどり着いた最高のマウス!ロジクール(logicool)「MXV1s MX Vertical」, SCSS(dart-sass)についての基本的な使い方・大切なポイントをまとめてみました!, SCSS(dart-sass)を使ったフォルダ・ファイル構成のポイントについて、事例と共に考えてみる, SCSS(dart-sass)で適切に使用すると便利なネストとアンバサダ(&)の使い方と注意点について, SCSS(dart-sass)で知っておきたい@useと@forwardの基本的な使い方。.