まず下のグラフは、力任せにベースを弾いたときの音量と時間の関係を表したもの。 力任せに弾くと弾いた瞬間は音量がしっかり出ている。 けれどその後、一気に音量が下がってるよね。 ゲイン・ボリュームは同じで脱力して弾いた場合. ミックスは音量バランスが命! 僕は2mixの音量バランスで一番苦手なのはベースです。あなたに僕でもなんとかなる音量のバランスのとり方をご案内いたします。あなたは、ベースの音量バランスを上手く … 生音寄りの話ですが、打ち込みでも考え方は一緒. ベースのミックス、難しいですよね。 そしてこのモワモワこそがベースの音を濁らせる真犯人です。 ベース本体→シールド→di ... ミックスダウンの際にも、ラインを軸にマイクの音を肉付けするようなイメージで2つをブレンドさせて音作りすることもありますね。 5.ラインの音作りで重要なポイント. ジャズベースのコントロールまとめ. ミックスでの高さは、サウンドをどのくらいの高さでミックスするかによります。高さは適切な音量とeqの使用により得られます。 幅広さ. EQを使ってがっつりカットしてしまいましょう。, さらに、シェルビングEQで150~180hz以下を5db程度カットします。 さてさて今回はベース編です。キック, スネアのミックスと並び, 悩みが多いパートですよね。僕のベースのミックスは三段階にわけてやっています。, どのパートのミックスでも言えることなのですが「この処理ではこれをする! オンマイクとオフマイク2本の処理を書いていきます. ドラムミックス音量の合わせ方. 楽曲を書き出す際、各フォーマットに合わせた適正音量を把握することができるプラグインです。 送信. 全パートもれなく処理していきましょう。, 低音を処理するもうひとつのポイントは、むやみに低域をブーストしないことです。 dawやmtrが普及し録音が手軽になってきたものの、ベースのレコーディング方法は奥が深く研究が必要なことに違いはありません。ベースの録音方法は大きく分けてアンプのマイク録りとダイレクトボックス(di)などを使ったライン録… 続きを読む コンプレッサーは、ボーカルなど音量差で歌の表現をするような場合に、特に効果的なエフェクターなのです。 僕はdtmをやりはじめてしばらく、この機能を知らずにボーカル音源を曲にミックスしていま … 5.2 音量は「聴感上」キックと同じくらいにする. MMultiAnalyzerは各楽器の音量や音圧を目で見て確認しミックスバランスができるようになる便利ツールです。特に処理が難しいベースやキックの音量、音圧もひと目で確認できるので大変便 … これくらいのセッティングからスタートすると良いと思います。 この悪循環が、あなたのMIXを悪くしているかもしれません。, ベースの低音を出すためには、ギターやシンセなどの不要な低域をカットすることが重要です。, ギターやドラムは、思っている以上に不要な低域を持っています。 先日、エレキベースの音作りについて、さわりだけでも教えて欲しいと言われたので、僕なりのベースの音作りについて解説します。なぜ音作りするのか、どうやって音作りするのかの基礎はこれを読むだけでok。テーマは、初心者に向けた『今ある機材でより理想的な音を作る』です。 レシオ4:1 という事です。 人によって見解は違うかと思いますが ミックスの段階でマスターのヴォリュームをいじったり、 コンプやEQをインサートしたら負けだと思っています。 心地よい低音を生み出したいのに、うまくいかない・・・ ちなみに、正式名称は「ミックスコンソール」といいます。 この画面では、各楽器の音量や左右の位置などを調整します。 ミキサーの画面の一番右側、上記画像の赤枠部分が「マスタートラック」です。 2.マスタートラックの、エフェクターの入れる画面を開く. 僕は基本的に全部の音鳴らしながらミックスしてます. 特にアンプにマイクを立てず、ラインのみで録音されたベースは、かなりピーキーな音量の差を含んでいます。, そのままではフレーズ毎に音量がフラフラと揺れてしまい、どっしりと曲のローエンドを支える事ができません。 ミックスにおける音の基準値を設定する際の注意点. ミックスダウンとマスタリングについての基礎知識を解説しています。ミックスとは具体的に何をするのか?どうして必要なのかを図やサンプルを使って書いてみました。これを読めばコンプの音の変化がわかるようになります。 dtmでの「ミックスダウン」は楽曲のクオリティを左右するとても大切な作業です。バンドでのスタジオレコーディングとは異なり、曲を活かすも殺すも、全てはミックス次第と言っても過言ではありません。. 曲作りにおけるミックスの手順をわかりやすく解説しています。ミックスの基本であるボリュームとパンを調整する際に注意すべきことや、パン振りの設定例など、初心者に役立つ内容になっています。 キックの音量は絶対変えないこと! といいつつ『乖離系少女』では最後に変更しました。(--;) 最初は-12db でミックスを始めました。 その後他のミックスを終えるまでは一度たりとも動かさずfixでミックスをやりきりました。 また、オーバーヘッドマイクはバスドラやスネア、タムなどがが入ったり抜けたりして音量差があるので、速めのコンプでがっつり潰してあげるといい感じになります。 バスドラムで曲のノリをコントロール. 楽曲の音圧を上げについて楽曲が完成しcdに焼いて聞いてみると、市販のcdより明らかに音量が小さい、、、そんな経験は誰にでもあると思います。もちろん、音が大きければ良いってものではないのですが、「迫力のあるサウンドにしたい」というのは誰もが思… ベースのミックス他の楽器と一緒に演奏する時、ベースの音量ってどのくらいがいいのでしょうか?あまり聞こえないようにとか、意識しなくても聞こえるくらいとか色々あるのですがベース音量の基準というか、、、よく分かりませんorz感覚 そんな悩みを抱えている人は多いと思います。, 実は、よほど変な録り方をしない限り、ベースの低域は最初から十分に出ています。 EQをオンオフすると、モワモワとした感じが無くなるのがわかると思います。 一方で、修正済みはピアノとベースの音量が大きすぎず、小さすぎず、良い音量バランスになっています。この状態ならメロディも聞きやすいです。 音量バランスを取るのはミックスでは重要 . ベースの低域を響かせるためには、ベース自体に手を加えるよりもまず、これらのパートに対してローカットを行います。, 今回はギターを例にして説明します。 ベース. ジャズベースは フロントボリューム 、 リアボリューム 、 マスタートーン の3つのノブを持つ。 フロントボリュームはフロントピックアップ 、 リアボリュームはリアピックアップ の音量を調整する。 ミックス全体の低音の処理!キックやベースだけを聞いてはダメ! mix 2019.2.6 キック(バスドラム)のサウンドメイキングのやり方! mix 2020.1.9 洋楽と邦楽のミックスの違いは何か?なぜ洋楽は音が良いと言われる? mix 2019.10.8 ピアノのミックス。 僕も未だに苦労しますw. ミックス(マスタリング)は、音量や音の位置を調整したり、エフェクトをかけて音に他の効果を加えたりする作業です。今回はdtm初心者の為に簡単なやり方を説明します。 キックとベースは、現代の音楽において最も重要なパートといえます。この2つのパートをミックスするのは、ミキシングの中でも最も難しい工程のひとつです。この記事では、キックとベースをうまくミックスする方法について解説します。キックとベースをミック ピークのdB値ではなく、耳で判断してください!制作者の印象で決めましょう! 音量は曲や制作者の意図により、 ・ベースをキックより大きくした … スネアと同じくらいの存在感に設定。 ベースが大き過ぎると楽曲のバランスが崩れやすくなります。 アナライザーで確認しつつ、最初はスピーカーの音量上げ気味にやった方がいいかもです . mp3 / aac 規格に合わせて楽曲音量を最適化する sonnox : codec . 音量バランスを取るのはミックスでは重要 動画で確認できるように、ただ音量を変えただけなのに音質ががらっと変わったかのように変化します。 エンジニアの世界ではたった0.1dBの差で空間の前後関係をコントロールさせたりしています。 ボーカルの50~80%くらいの音量 大体の感じで入れておいていろんな楽器を追加してからさじ加減するとやりやすいです。 9. 個人的No.1 ディレイプラグイン【TC electronic/TC 2290-DT】. 次にベースを一緒に鳴らし、サイドチェーンの度合いを調節しながら音量を合わせます。ベースとKickは周波数帯がカブっていますので、同時に鳴ると音圧が下がったり、濁ったミックスの原因になります。 Bassのミックスの基本は 最初にベースの音量を決めてから、他のパートの音量を決めていったあとに、更に各パートの音処理をeqやコンプなどで整えると思いますが、 その過程でベースの音量も変化します。 ミックスダウンとは、midiのデータなどをオーディオファイルにすることですが、ここの設定を正しく行わなければ音質の劣化につながります。2mixや個々の書き出しを正しく行うための、やり方をご説明 … ・重低音をブーストしない ミックスダウンとマスタリングについての基礎知識を解説しています。ミックスとは具体的に何をするのか?どうして必要なのかを図やサンプルを使って書いてみました。これを読めばコンプの音の変化がわかるようになります。 ベースに限らず、不要な帯域をカットする、という技術はミックスの基礎であり極意です。, 一朝一夕では身につくものではありませんが、常に意識し続ければ必ずコツを掴める時が訪れますよ。 5-1.シールド. まずミックスで絶対に守ってもらいたいのは. マスタートラックに気を配るmixを行う際は、midiトラックを全てオーディオトラックへ変換して進めるのが一般的です。↑ この様に全て波形に変換します。そして、その時に注意しなければならないのが全体の音量ですmidiトラックからの変換で音量が… ミックス(マスタリング)は、音量や音の位置を調整したり、エフェクトをかけて音に他の効果を加えたりする作業です。今回はdtm初心者の為に簡単なやり方を説明します。 5.要のベース. 先日にも少しお話しましたが、基本的にキックから合わせるのが定石です。その理由は以下の3つです. ミックスに欠かせない機能のひとつであるコンプレッサーの基本をしっかりおさえておきましょう。 www.dtmfb.com. さてさて今回はベース編です。キック, スネアのミックスと並び, 悩みが多いパートですよね。僕のベースのミックスは三段階にわけてやっています。 ① 音作り ② キックとのかぶり取り ③ 空間の埋め どのパートのミックスでも言えることなのですが「この処理ではこれをする! 2ミックス。。。マスタリングの前の作業で、ここでしっかりした2ミックスが出来ていないと、マスタリングでどうにもなりません。逆にここですごく良いと、マスタリングで更に良くなります。ここでは、2ミックスを行う際の注意点、方法などを書いています! 頑張っていきましょう。. ベース単体で聴きながらEQしていると、ついついこの60hzを含んだローをブーストしてしまいがちです。, ところがその状態でオケに混ぜてみると、なんだか輪郭がはっきりとしないベースになってしまいます。 7db程度のリダクション その低域がベースとぶつかってしまい、濁った響きを生み出しているのですね。 楽曲の音圧を上げについて楽曲が完成しcdに焼いて聞いてみると、市販のcdより明らかに音量が小さい、、、そんな経験は誰にでもあると思います。もちろん、音が大きければ良いってものではないのですが、「迫力のあるサウンドにしたい」というのは誰もが思… All rights reserved. 幅広さは自分のサウンドがミックス(またはスピーカー)の片側からもう一方にどれくらい動くかによります。 60hzの重低音と比べると、150hzはいくぶんか軽い音に聴こえるかもしれません。 ミックスの音圧を十分に上げるのは、dtmにおいてもっとも難しいことのひとつです。音圧を上げるための主な方法は下記の7つです。音圧を上げる方法マキシマイザーを使う音数を減らす全周波数帯域をバランスよく使う立体的にバランスよく配置する不要な音を まずミックスで絶対に守ってもらいたいのは. ではなぜ上手く聴こえないのかというと、それは「他の楽器に邪魔されてるから」です。, 必要な低域は出ているのに、ギターやドラムの低域とぶつかってしまって綺麗に響かない。 ミックスでの高さは、サウンドをどのくらいの高さでミックスするかによります。高さは適切な音量とeqの使用により得られます。 幅広さ. キックとベースは、現代の音楽において最も重要なパートといえます。この2つのパートをミックスするのは、ミキシングの中でも最も難しい工程のひとつです。この記事では、キックとベースをうまくミックスする方法について解説します。キックとベースをミック リリース中間~遅め ・コンプで土台を安定させる また、市販されている楽曲のように、プロの方がやったミックスだと、 テレビのスピーカーでもベースが聞こえているのを聞くと、 「やはりプロの人のミックスは違うな‥」と感じます。 モニタースピーカーで、満足なベースの存在感(存在感や音量が大きすぎない)で、 かつテレビ等のス� 今回でベースをミックスしていき曲の土台を完成します。 この項目で8割がたは完成したといっても過言じゃないでしょう。 それではミックスしていきましょう!! スポンサード リンク. 単品処理のやり方を書きますが、慣れてきたらベースを一緒に鳴らしながらやると低音感の出し方がわかってきます . マスターの音量は平均-6dB前後でまとめる. という事です。 人によって見解は違うかと思いますが ミックスの段階でマスターのヴォリュームをいじったり、 コンプやEQをインサートしたら負けだと思っています。 心地よい低域を生み出すには、ベース自体よりも他の楽器の低音に気を付ける事が重要であることがお分かり頂けたでしょうか。 楽器によって不要な周波数は異なりますが、モワモワした部分をカットするというイメージを持っていれば、見つけるのは難しくありません。 ベースと棲み分ける; ギターやシンセは必ずローをカット; ハイで存在感を調節; バス dtmで曲作りをしていて、いざ曲が完成しても市販のcdと比べると、あまりの音質の違いに愕然とすることがありませんか?これから紹介するミックス手順と手法を活用することで、どんな再生環境でもバランスの取れたサウンドに仕上げることができます。 音圧を上げる方法part2 ... 最大音量を指定するCeilingと、圧縮量を指定するThreshold、Threshold以下の音量になったときにどのくらいの時間をかけて圧縮を解除するかを指定す … それに気づかず、ベースのローをもりもりブーストしてしまう・・・ 低音は指向性がないので、キチンと低音が聞けるモニタースピーカーやヘッドホン、ウーファーが必要です. 重低音ばかりで肝心の音の芯が出ていないため、オケに埋もれてしまうのですね。, ベースに低域の量感が足りない場合は、音の芯である150hz付近をピンポイントでブーストしましょう。 音量が揃うと同時に音圧感が強くなるポイントを探します。 © Copyright 2021 BENIMARULABO. マスターの音量は平均-6dB前後でまとめる. Cubase(キューベース)で音のレベルと位置の調整といったら、音量レベルとパンニング(パン)の調整ですね。 ミックスやマスタリングをする際などは、とても大切な調整になります。 今回は、この正しい方法をお話ししたいと思います。 やりすぎると低音が感じられなくなるので注意して下さいね。, ・必要な低音は最初から出ている ベース単体で聴くと良い感じなのに、オケと混ざるといまひとつ・・・ Cubase(キューベース)で音のレベルと位置の調整といったら、音量レベルとパンニング(パン)の調整ですね。 ミックスやマスタリングをする際などは、とても大切な調整になります。 今回は、この正しい方法をお話ししたいと思います。 Backingというのはドラム系とベースとボーカルを除いた伴奏楽器ですが、これらすべてがミックスされて丁度0dBになるくらいにするとバスが破裂することもなく、ボーカルやキックなどの音量バランスを視覚的に判断して調整することが出来ます。 テレビのスピーカーでもベースが聞こえているのを聞くと、 「やはりプロの人のミックスは違うな‥」と感じます。 モニタースピーカーで、満足なベースの存在感(存在感や音量が大きすぎない)で、 ベースに低域の量感が足りない場合は、音の芯である150hz付近をピンポイントでブーストしましょう。 60hzの重低音と比べると、150hzはいくぶんか軽い音に聴こえるかもしれません。 これは、ベース単体で聴くと心地よい低音が出ているのに、オケと合わせると埋もれてしまう人によくあるパターンです。, ベースは60hz付近に心地よい重低音を含んでいます。 やや強めにコンプレッションして、安定感のあるベースラインを作りましょう。, アタック早め Proudly created with Wix.com, {"items":["5fdc9a6775e2c100175eeeab","5fdb692c2a49340017dc9924","5fdb692c141fb3001768f5df","5fdb692c141fb3001768f5dc","5fdb692c141fb3001768f5dd","5fdb692c141fb3001768f5de","5fdb692c141fb3001768f5db","5fdb692cc960a8001727d824","5fdb692cc960a8001727d829","5fdb692cc960a8001727d823"],"styles":{"galleryType":"Columns","groupSize":1,"showArrows":true,"cubeImages":true,"cubeType":"max","cubeRatio":1.7777777777777777,"isVertical":true,"gallerySize":30,"collageAmount":0,"collageDensity":0,"groupTypes":"1","oneRow":false,"imageMargin":22,"galleryMargin":0,"scatter":0,"chooseBestGroup":true,"smartCrop":false,"hasThumbnails":false,"enableScroll":true,"isGrid":true,"isSlider":false,"isColumns":false,"isSlideshow":false,"cropOnlyFill":false,"fixedColumns":0,"enableInfiniteScroll":true,"isRTL":false,"minItemSize":50,"rotatingGroupTypes":"","rotatingCubeRatio":"","gallerySliderImageRatio":1.7777777777777777,"numberOfImagesPerRow":3,"numberOfImagesPerCol":1,"groupsPerStrip":0,"borderRadius":0,"boxShadow":0,"gridStyle":0,"mobilePanorama":false,"placeGroupsLtr":false,"viewMode":"preview","thumbnailSpacings":4,"galleryThumbnailsAlignment":"bottom","isMasonry":false,"isAutoSlideshow":false,"slideshowLoop":false,"autoSlideshowInterval":4,"bottomInfoHeight":0,"titlePlacement":["SHOW_ON_THE_RIGHT","SHOW_BELOW"],"galleryTextAlign":"center","scrollSnap":false,"itemClick":"nothing","fullscreen":true,"videoPlay":"hover","scrollAnimation":"NO_EFFECT","slideAnimation":"SCROLL","scrollDirection":0,"scrollDuration":400,"overlayAnimation":"FADE_IN","arrowsPosition":0,"arrowsSize":23,"watermarkOpacity":40,"watermarkSize":40,"useWatermark":true,"watermarkDock":{"top":"auto","left":"auto","right":0,"bottom":0,"transform":"translate3d(0,0,0)"},"loadMoreAmount":"all","defaultShowInfoExpand":1,"allowLinkExpand":true,"expandInfoPosition":0,"allowFullscreenExpand":true,"fullscreenLoop":false,"galleryAlignExpand":"left","addToCartBorderWidth":1,"addToCartButtonText":"","slideshowInfoSize":200,"playButtonForAutoSlideShow":false,"allowSlideshowCounter":false,"hoveringBehaviour":"NEVER_SHOW","thumbnailSize":120,"magicLayoutSeed":1,"imageHoverAnimation":"NO_EFFECT","imagePlacementAnimation":"NO_EFFECT","calculateTextBoxWidthMode":"PERCENT","textBoxHeight":60,"textBoxWidth":200,"textBoxWidthPercent":75,"textImageSpace":10,"textBoxBorderRadius":0,"textBoxBorderWidth":0,"loadMoreButtonText":"","loadMoreButtonBorderWidth":1,"loadMoreButtonBorderRadius":0,"imageInfoType":"ATTACHED_BACKGROUND","itemBorderWidth":0,"itemBorderRadius":0,"itemEnableShadow":false,"itemShadowBlur":20,"itemShadowDirection":135,"itemShadowSize":10,"imageLoadingMode":"BLUR","expandAnimation":"NO_EFFECT","imageQuality":90,"usmToggle":false,"usm_a":0,"usm_r":0,"usm_t":0,"videoSound":false,"videoSpeed":"1","videoLoop":true,"gallerySizeType":"px","gallerySizePx":1000,"allowTitle":true,"allowContextMenu":true,"textsHorizontalPadding":-30,"itemBorderColor":{"themeName":"color_12","value":"rgba(243,243,243,0)"},"showVideoPlayButton":true,"galleryLayout":2,"calculateTextBoxHeightMode":"MANUAL","targetItemSize":1000,"selectedLayout":"2|bottom|1|max|true|0|true","layoutsVersion":2,"selectedLayoutV2":2,"isSlideshowFont":true,"externalInfoHeight":60,"externalInfoWidth":0.75},"container":{"width":220,"galleryWidth":242,"galleryHeight":0,"scrollBase":0,"height":null}}. 先にピークとRMSについて、簡単な比較を済ませます。 ピークとは音量の瞬間的な大きさを表します。RMSは音の持つエネルギーを平均した値であり、音量の連続性や持続性を評価する指標です。 ピークは機械上(メーター)で示される、単純な音の大きさである一方、RMSは人間の耳が音のエネルギー、つまり音圧と感じるものを示す指標になっています。 生徒さんの質問率がとても高い質問です。 今日は「音量感」と「音圧感」について記事にまとめてみたいと思います。 まずこの二つの違いを明確にしておきたいと思います。 音量感 私は最近「音圧感」よりもこちらを重視しています。 ギターは180hz付近に低音の芯があり、それ以下にはモワモワとした響きばかり含まれています。 !」という明確な目標を作り, 順序立てて進めていくことでドツボにハマっていくことが減りますし, 後からどの部分を直せばよくなるかがわかりやすいですよね。それでは早速詳しい話に入っていきましょ~!, まずは① 音作りです。僕はチートプラグイン, wavesのCLA Bassを使っています。はい, 世界が変わります。フリーのベース音源をミックスすることも多々あるのですがこいつを使うだけで一気にそれっぽいベースになります。CLAシリーズはセールの時に全部買ったのですが結局Bassしか使ってないので購入されるのであればBass単体で買われるのが良いかと。とはいえやっていることはEQとコンプなので他のプラグインで再現することも可能です。EQで4~5kHzを2dbブースト, 40Hz以下をローシェルフで5dbブースト。コンプでアタック最速, リリース200ms, レシオ1:8, ゲインリダクション4dbほどで潰すと似たような音になるかなと思います。, 担当する帯域は最初の記事で書いたスケッチの時点で決めておきます。キックとベースの低音が被るのは主に100~200Hzです。どちらが100Hz辺りを担当するのか, 200Hz辺りを担当するのかをはっきりさせておきましょう。今回は45~110Hzがベースの担当ですね。なのでバッサリ200Hzあたりは切ってしまいましょう。, ベースは基本的に低音担当なので見落とされがちなのですが, キックとこの辺りも被ってきます。ここをそのままにしておくとボワボワとしたベースになってしまいます。どのみちスネアやボーカルとも被る帯域なのでバッサリ切りましょう。キックもこの帯域は切っておいてもOKです。ここで不安になるのが「400~500Hz切ったら音が細くなっちゃう...」というものです。ベースで曲に迫力を出したいので太い音が欲しいというのはわかるのですが, ボワボワとした音と太い音は全くの別物です。全体に広がって輪郭がないのがボワボワとした音。スッキリしてるのに妙に胸を揺らすのが太い音です。(比喩ではなく物理的に胸辺りに響いてくる音です), もうなんなんでしょうね。キックとベース被り過ぎですよね, もう結婚しちゃえばいいのに。音源によるのですが大体アタックが1.5~2.5kHzらへんにあります。これが被るとキックとベースの輪郭が一気に無くなります。なので1.5~2kHz担当, 2~2.5Hz担当で分けるといいと思います。どちらかというとリズム隊であるキックのアタック優先ですね。, ここまでがベースの基本的な処理です。ここからはかなり特殊な処理になりますので試してみたいという人は試してみてください。必ずしもいい結果になるとは限りませんが曲にハマれば武器になります。, ルームリバーブ(UAD OCEAN WAT STUDIOS)→ステレオイメージャー(S1 imager), ③ 空間埋めになります。①②で作ってきたベースを複製してそこにルームリバーブとステレオイメージャーを挿します。この時の注意点はセンドではなく直挿しであることです。何をしているかというと空間を埋めているんです。ええ, 埋めているんです。これは僕の完全なる好みなのですがスピーカーで聞いたとき, 低音にステレオ感が欲しいんですよね。なんか机の上に音が乗っかるような感じです。なのでフレーズを聞かせるのではなく, 精一杯広げて輪郭をぼやかしまくったベースを元音に少し混ぜることで低音の物足りなさを改善できたりします。, © 2023 by PlayPlay. ベースのミックス他の楽器と一緒に演奏する時、ベースの音量ってどのくらいがいいのでしょうか?あまり聞こえないようにとか、意識しなくても聞こえるくらいとか色々あるのですがベース音量の基準というか、、、よく分かりませんorz感覚 が、歪み具合やギターのトーンコントロールなどにより、やはり音量差が出てくることもあります。 というわけで、私の場合は弱めにコンプレッサーを掛けたりします。レシオで言うと、最大でも1:2くらいです。 これによって、ミックスがしやすくなります。 ミックス時に音がこもってしまう問題は、DTMをやっている人ならほぼ確実に直面する厄介な問題です。 みなさんこんにちは、おととらべる(@soundraveller)(音楽活動名義 : Root Introvert)です!僕もミックス時に音がこもってしまい、悩んでいる時期がありました。 ですがオケに混ぜたときには、むしろ気持ちの良いローエンドを演出することができます。, 最後はコンプレッサーを使ってベースの低域を安定させる方法を紹介します。 ベースは非常にダイナミックレンジの広い楽器です。 大抵の場合キックの方が大きいまたは同程度の低域バランスが個人的には良いと考えています。キックの方が大きいとドンッドンッと響きやすくリズムが取りやすくノリの良いミキシングになる為です。逆にベースが大きいとベースは基本的にロングトーンが多いためそのロングトーンが楽曲全体を支配してのっぺりしたミキシングになりがちです。 低域のバランスを見るためにはミキサーについているピークメーターよりもアナライザーで低域のピークを見たほうが良いです。ピークメーターは帯域に関係 … まず大切なのはキック をベースに音量バランスを考えることです! キックに合わせるメリット. 先日、エレキベースの音作りについて、さわりだけでも教えて欲しいと言われたので、僕なりのベースの音作りについて解説します。なぜ音作りするのか、どうやって音作りするのかの基礎はこれを読むだけでok。テーマは、初心者に向けた『今ある機材でより理想的な音を作る』です。 ベースを鳴らしながらチェックすれば、低音の響きが格段に良くなっていることに気づくでしょう。, 一度この感覚を掴めば、他のパートに対しても同様の処理をすることが出来るようになります。