まずは、コンプレッサーの役割や疑問を解説します。 必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜 こんにちは。 今回は「必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。 前回、BOSS「DD7」を使って「Marshall JCM2000」にセンドリターンを試して見ましたが、今回… 文字通り、最低限必要なエフェクターでなるべくいろんなジャンルをカバー出来るように作ってみたので、是非参考にしてみて下さい! コンセプトは小さく、少なく、超広く!! とてもシンプルに作ったボードはこちらッ♪. var _wpmejsSettings = {"pluginPath":"\/wp-includes\/js\/mediaelement\/","classPrefix":"mejs-","stretching":"responsive"}; ベース歴4年の僕から見て、ベース初心者に向けた. [CDATA[ */ 分かりやすく丁寧に解説していきますので. 菅田将暉 本名 しゃべくり, ラジコン リポバッテリー 走行時間, ベースにエフェクターは必要なのか?悩ましい問題ですが、あえて言いましょう。「ベースにだってエフェクターは必要である」と。確かにベーシストにとって、エフェクターの役割はギターほど大きくはありません。けれど、単純にあると歪みのある音などを楽しめますし、プレイの幅も広がるもの。ライブで使う使わないは別として、持っておいて損はありません。 インスタライブ アーカイブ Igtv, 最近、ベースは自宅でヘッドフォンをして弾くことがほとんどなので、久々にスタジオに入ってでかい音でベースを鳴らしたい欲求に駆られているBroad Person管理人のhiroto kawagoe(@hirotokawagoe)です。 ベーシストの皆さん、エフェクターはお好きでしょうか?僕は結構好きです。 特にひとりで弾いてる時は、普通に弾いてても楽しいんですけど、ディストーションやワ … 今回は「必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。, 前回、BOSS「DD7」を使って「Marshall JCM2000」にセンドリターンを試して見ましたが、今回はアンプ歪みを使う前提で、必要最小限のエフェクターを3つ選んでみましたので、簡単にご紹介したいと思います。, PRS CUSTOM 22(エレキギター)→Ibanez「TS9(オーバードライブ)」→Xotic「EPbooster(クリーンブースター)」<インプット>→Marshall JCM2000(アンプ/リードチャンネル)←<センドリターン>「DD7(デジタルディレイ)」, ご紹介の前に歪みについては「Marshall JCM2000」のアンプの歪み(リードチャンネル)を使います。基本的にはブースター系のエフェクターを選びました。, 過去にいくつかTS系オーバードライブを「Marshall JCM2000」の歪みに試してきましたが、Ibanez「TS9」が個人的には使いやすいと思いました。定番のチューブスクリーマーと言われていますが、定番になるだけの効果はあると思います。あまりサウンドは変化しないですが、サスティーンが加えることができるので、パサパサして弾きにくい「Marshall JCM2000」の歪みが弾きやすくなるので、外せない(外したくない)エフェクターの1つです。他に代用モデルは上げれますが、マーシャルの歪みをブーストするならばこれ1台で十分なオーバードライブです。, Xotic「EPbooster」は、低音やパワーが出るクリーンブースターです。こちらはIbanez「TS9」のすぐ後段に設置してあるので、リードソロ時の音量アップ目的で使用します。Xotic「EPbooster」以外にもたくさん良いクリーンブースターはありますが、シンプルで使い勝手の良さで選びました。エフェクターを選ぶ際に意外に重要にしているのが、エフェクターの踏み心地です。Xotic「EPbooster」は、見た目小さいですが、非常に踏みやすく設計されていると思います。スイッチが固かったり、位置が踏みづらい箇所にあると演奏の操作はかなりストレスになります。操作性や他のエフェクターとボードに組み込みやすいことも配慮されているところがポイントかもしれません。また、レベルブースター(一時的な音量アップ)しないのであれば、Ibanez「TS9」の前段に持ってきて歪み(GAIN)を足したり「Marshall JCM2000」の歪みの調子が悪い時に常時ONにして使う方法もあります。, センドリターンするディレイは、基本的に好きなディレイモデルを選べはいいと思いますが、今回はあえて多機能なBOSS「DD7」を選んでみました。モードがいくつかあるので便利なモデルです。コンパクトタイプですが、モジュレーションやアナログディレイもモード選択できるので幅広く使えます。シンプルに使いたい場合は、アナログディレイのモデルを選択すると良いと思います。ディレイがあった方がサウンドに奥行きがでるので、必要最低限でも1個は空間系エフェクター(ディレイ)があると個人的には安心します。人によってはジャンルによってディレイは使わない方もいると思いますが、付点8分ディレイが必要なフレーズはディレイがないと再現できないので、そういった観点からも1台は持っておいた方が良いかなと思う意味でのディレイペダルです。, 今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。, VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります), GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます), TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出ます), 「Marshall JCM2000」のヘッドアンプの裏側にある「センドリターン端子」からディレイを入力する実験をしてみました。シールドを2本使用します。(シールドは3mあれば十分です), ※セッティングする際は、「Marshall JCM2000」のスタンバイ(STAND  BY)は必ずOFFでも問題はありませんが、できるだけ電源(POWER)はOFFの方で作業を行った方がいいと思います。音が出る状態で、シールドの抜き差し時にノイズが出てしまいます。, 「SEND」→「IN(PUT)」、「RETURN」→「OUT(PUT)」の組み合わせで繋いでいきます。, 「Marshall JCM2000」側の「SEND」とBOSS「DD7」の「INPUT A(MONO)」へ繋ぎます。(わかりやすいように赤いラベルのシールドを使用してます), 次に、「Marshall JCM2000」側の「RETURN」からBOSS「DD7」の「OUTPUT A(MONO)」へ繋ぎます。, 実際にセッティングをして弾いてみました。基本は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルのサウンドまま弾きますが、Ibanez「TS9」はロングトーンしたい時や常時ONにしてで弾き心地を調整します。パワーコードやリフを弾く場合は、Ibanez「TS9」をOFFにして、あえてサスティーンなしでキレを良くして弾きます。BOSS「DD7」のディレイは薄くかかっている場合は常時ONで弾きます。ロングディレイを使いたい時は、ロングセッティングを行い、ロングディレイ時だけONにします。Xotic「EPbooster」は、このセッティングでは主にリードソロのレベルブースターの役割をします。リードソロはIbanez「TS9」(常時ON)+Xotic「EPbooster(一時的にON)」を組み合わせてダブルでブーストします。今回はエフェクターボードを組んでいませんが、踏みやすい配置に変える必要があると思います。また、サイズ感で言えばXotic「EPbooster」に合わせてIbanez「TS9」はミニサイズのIbanez「Tube Screame mini」に変えてもいいかもしれません。よりエフェクターボードが小さくなって持ち運びやすくなる他、同じサイズのエフェクターにすることにより踏みやすさも向上すると思います。エフェクターボードを組んでみて、試しながら配置を変えてより理想に近づけていけばいいと思います。これでかなり最小限のエフェクターに絞ることができました。, 今回は、必要最小限のエフェクターを選んでみましたが、スタジオにエフェクターボードを持っていく度に「もっと軽くならないだろうか」さらに、「アンプで良いサウンドを出せないだろうか」と考えさせられたことがキッカケです。それが「Marshall JCM2000」の使い方に始まり、チャンネルの選び方、クリーントーンの作り方、ブースターの研究となり、今回のような必要最小限のセレクトをしてみました。ギター(ピックアップ)により、多少選択するエフェクターは変わってくると思いますが、「Marshall 系(JCM2000やJCM900など)」を使うならば、チューブスクリーマー(Ibanez TS9など)は1個持っていった方が何かと便利だと思います。, 何度か弾いてみて感じたことになります が、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルはサスティーンがあまりなく、弾くには相当な技術が必要だと感じました。よくプロの方が「アンプ直」のみでテクニカルフレーズを弾いているところを見たりするとかなり実力がある人だと思います。そのレベルに到達するにはかなりの時間と努力が必要ですが、それを補う点でもブースターなどのエフェクターはあった方が良いと思いました。そういった意味でも、アンプの歪みをメインとするならば「ブースター選び」は重要です。ブースター選びに迷うようであれば「定番エフェクター」を選んでおいた方が無難です。定番以外のブティック系エフェクターは、個性的で魅力な反面、扱いが難しく狙った効果を上手く出せないため外すことも多いので、全体的なセッティングに慣れてきた時に試してみると面白くなるのではと思います。最後に「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに歪みエフェクターを足してもほとんどサウンドは変わらない傾向があります。個人的な意見になりますが、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルで何かしたい場合は、サウンド自体を変えるのではなく「弾き心地」をエフェクターで変えるにことに意識をした方が結果的に良いサウンドになるように思います。今回はそういった視点からも3つエフェクターを選んでみました。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに合うブースターの一例として参考にして頂ければ幸いです。, 「必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜」についてでした。, ◎中古のエフェクター探しや楽器の事なら石橋楽器! もオススメです!イシバシ楽器全店舗に置いてあるエフェクターが検索できます。, エレキギター・音楽・機材が好きです♪エフェクターやアンプの使い方を日々模索しています。たまにバンドや自作エフェクターもやったりしています。自身の体験がお役に立てば嬉しいです。, jundrive3さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog. 自宅でレコーディング(=宅録)をすることを検討されている人へ。宅録には、どんな機材が必要なのか分からない!という人は、多いと思います。そこで、dtm歴7年の現役トラックメイカーが、宅録を行うために最低限必要な機材について、ケース別に解説します。 ベースを始めるのに必要なものは? ベースを始めようと思った時、さまざまな道具が必要ですが、ここでは最小限なアイテムや、あると便利なグッズ、メンテナンスに必要な道具などをご紹介します。 ベースには初心者セットというものがあるので、それで必要なものはそろってしまいます.しかし、好きなベースをかって、必要な小物だけそろえたいという方もいると思いますので、そういう方向けに最低限必要なものを紹介したいとおもいます! これから一緒に頑張っていこうな! 最低限必須なもの ベース これがないと始まらない。お前の嫁。 野球に使うアレではない。 ベースの種類 チューナー チューニングに必要。 チューニングって何っていう … Googleによるデータに使用に関しては「, TS9、TS9DX、ST9Pro + チューブスクリーマー3機種の比較〜Marshall JCM20…. プロのベーシストの足元にはよく「コーラス」が存在しています。 ギターであればベースのような単音楽器では「コーラス」というエフェクターは一体どんな役割を担うのでしょうか?今回は魅惑のエフェクター「コーラス」をベースに生かす方法についてお話ししましょう。 楽器の音色を変化させる機材を「エフェクター」といいます。ベース用のエフェクターも、数多く存在します。, その種類や使い方は、初心者にはチンプンカンプンだと思います。しかし、正しく使う事で、明らかに演奏の幅が広がります。, この記事では、ベース用エフェクターの種類と、最低限知っておいた方が良いものを解説します。また、エフェクターを使った事例と、おすすめの選び方を紹介していきます。, エフェクターとは、楽器本来の音色を変化させる機材です。ベース以外にも、様々な楽器で使用されます。, この中に、ベース用のエフェクターが存在します。下記の音声は、歪みのエフェクターをかけてない場合と、かけた場合の例です。, ベースには、ギター用のエフェクターでも使用可能です。しかし、ギター用のものは、ベースが得意とする低い音域に対応していません。このため、音色の変化が良くないです。, 私はベーシストですが、ギター用のエフェクターを譲ってもらったことがあります。しかし、低い音域が削れてしまうことがわかり、使うことはありませんでした。, このように、楽器本来の音色を変化させるエフェクターですが、ベース用のエフェクターの使用をおすすめします。, ベースのエフェクターが持つ効果のことを、エフェクト(効果)といいます。これには、数多くの種類があります。これについて、大まかに解説していきます。, DIとは、「ダイレクト・インジェクション・ボックス(Direct Injection Box)」の略です。他にも、「ダイレクトボックス」とも呼ばれます。, これは、ベースの電気信号を、安定させるためのエフェクターです。ベースの電気信号は、極めて不安定です。直接アンプに繋ぐと、ノイズ(=雑音)が発生することがありましす。, これを防ぐために、ライブハウスなど人前で演奏する際は、まずベースをDIに繋ぎ、DIをアンプに繋ぐという形が取られます。下記の画像は、ライブハウスでの使用例です。, ベースアンプには「プリアンプ(音質調整)」「パワーアンプ(音の増幅)」「スピーカー(音の出所)」という3つの機能が内蔵されています。, よって、プリアンプは本来、アンプに内蔵されているものです。しかし、これをエフェクターとして独立させたものが、プリアンプと呼ばれます。, プリアンプを独立させることで、さらに細かい音の調整が可能になります。また、DIと同じ機能を備えたモデルが多く、DIの代わりに使うことも可能です。, プリアンプは、ベーシストにとても人気なエフェクターです。小さいながらも、音質の変化をかなり調整できます。また、コンパクトで運びやすく、様々なシーンで重宝します。, ベーシストにとって、エフェクターの使いどころを判断するのは難しいです。これを間違えると、曲全体のまとまりが消えたり、他の楽器と打ち消しあったりしてしまいます。, 逆に、エフェクターの使い方によっては、かなりのインパクトを与えられます。そして、ベーシストとしての表現の幅が広がります。, まずは、「WHITE ASH(ホワイトアッシュ)」というアーティストの「Jails」という曲です。以下の再生ボタンを押して聴いてみてください。, ベーシストは、彩さん。恐らく、オーバードライブの歪みだと思われるのですが、低音が効き、曲を支配していてかっこいいです。, こちらはドラマーのBOBOとベーシストのハマ・オカモトさんです。以下の再生ボタンを押して聴いてみてください。, セッション動画ですが、2:25秒〜に出てくる、ワウの使い方と、音作りがものすごくいいです。, 最後に、ベーシストのVictor Wooten(ヴィクター・ウッデン)です。以下の再生ボタンを押して聴いてみてください。, ここでは、「ルーパー」というエフェクターが使用されています。これは、あるフレーズを繰り返し再生(=ループ)することができます。, こんな感じでルーパーを使って、自由に遊んでみても面白いですね。ここまで表現できると感動します。, このように、ベーシストはエフェクターの使い方によって、かなりの存在感を与えることができ、表現の幅が広がります。, ここまで解説してきたように、エフェクターの種類は膨大です。また、絶対に必要というわけではありません。それでは、エフェクターを購入するタイミングはいつがいいのでしょうか。, 私は、プリアンプとオーバードライブを所持しています。ただ、勢いで買ったオーバードライブは、なかなか使う機会がありません。逆に、「ここで使ったら面白いな」という気持ちが湧いて購入したプリアンプは、使用機会が多くあります。, このように、欲しい音をイメージできたら、エフェクターを購入する正しいタイミングです。, エフェクターとは、楽器本来の音色を変化させる機材であり、多くの種類があります。そこで、最低限覚えておきたいエフェクター として、「DI」と「プリアンプ」を紹介しました。, また、ベーシストがエフェクターを使うことで、存在感を強め、表現の幅を広げることができます。しかし、エフェクターは絶対に必要なわけではありません。購入するのは「欲しい音をイメージできたタイミング」がちょうど良いです。, Copyright © 2021 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. ベルク ネットスーパー 支払い方法, 今回はベースを始める上での知っておくべき最低限の知識に加えて演奏方法や絶対に必要な機材にフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います. var _wpmejsSettings = {"pluginPath":"\/wp-includes\/js\/mediaelement\/","classPrefix":"mejs-","stretching":"responsive"}; ベース歴4年の僕から見て、ベース初心者に向けた. /* ]]> */ そこで、最低限覚えておきたいエフェクター として、 「di」と「プリアンプ」 を紹介しました。 また、ベーシストがエフェクターを使うことで、存在感を強め、表現の幅を広げることができます。しかし、エフェクターは絶対に必要なわけではありません。 /*