'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 早速エフェクターのメリットとデメリットを挙げていきたいところですが、そもそもエフェクターとは何なのでしょうか?, 一言にエフェクターと言ってもその種類や用途は様々なのですが、ざっくりその役割を言うと、エフェクターというその名の通り、楽器の音に変化を与えることです。, ライブなんかの時、よく見ると演奏者の足元にごちゃごちゃした機材が置いてあってそれを足で踏んでいたりしますが、あれは演奏中にエフェクターを操作しているんですね。, エフェクターの種類については次の記事で紹介しますが、例えばロックでよくある歪んだ音を出したり、エコーのような効果をかけたり、音量をバランスを調節したりと様々な効果があります。, それではまずエフェクターのメリットから紹介していきますが、何と言っても音作りの幅が広がることがエフェクター最大のメリットと言えるでしょう。, ベース本体によって音色や音作りの特徴にはかなり差がありますが、実際中には汎用性が低いものも少なくありません。, そのためどれだけベース本体やアンプの設定を変えても自分の好みの音が出ないということもあるでしょう。, しかしエフェクターを使用することで、自分が出したい音を実現させる、あるいは確実にそれに近づけることができます。, もちろんこれらはごく一部のエフェクターなので他にも様々な種類がありますし、また同じ種類の中でもそれぞれ個性があります。, また音作りの幅が広がるということはそれだけ様々なジャンルの音楽に対応できるようになるということ。, 普通ベースを購入する際は普段自分がよく演奏するジャンルに合わせてベースを選ぶと思いますが、全く違うジャンルの曲を演奏したくなる時も少なくないですよね。, エフェクターでベースの音に劇的な変化を与え、異なるジャンルに合った音を作り出すことは十分可能です。, エフェクターを使用したことがある人ならわかると思いますが、スイッチ一つで音を切り替えられるところもエフェクターの大きな魅力。, 確かにベース本体とアンプだけで良い音を作るベーシストもいますが、演奏中にいじるのはなかなか難しいですよね。, それ自体かなり便利な機能なのですが、特に助かるのが例えばイントロ、サビ、ソロパートのような特定のシーンで一瞬だけ音を変えたい場合。, ライブをしていると「ここだけ音量を大きくしたい、エフェクトをかけたい」というような場面も案外少なくないのですが、そんな時にいちいち本体やアンプをいじっている暇はありません。, しかしエフェクターを導入することによってその動作もスムーズに行えるようになり、曲中であっても音に様々な表情を持たせることができます。, 当然のことですが、様々なエフェクター使用していると自然と音作りに詳しくなっていきます。, 「ベース本体とアンプだけいじれれば十分」という人もいますが、それだと音作りの知識はどうしても偏ってきます。, そもそもエフェクターを使わない人の中には音作りに興味を持たない人も多く、とりあえずベースのコントロールは常にフル、アンプのイコライザーも適当に設定しておくなんて人もいますね。, また音響環境はライブハウスやスタジオによって大きく異なりますが、常に自分の理想の音を出すためにはそれなりに音作りに慣れている必要があります。, エフェクターを使用すればその環境に合った音を作りやすくなることはもちろん、どんな環境で演奏しようと自分好みの音を出せる知識・経験が身につきます。, これもエフェクターを実際に使用して初めて実感できることですが、エフェクターを使用し、音作りの幅が広がり、演奏の幅が広がると、ベース自体がかなり面白くなってきます。それはもう。, 使いこなせるようになるにはある程度慣れが必要になってきますが、自分の理想の音、今まで出せなかった音、今まで知らなかった音が出せるようになると、それまでにない面白さを感じることになるでしょう。, それをきっかけに新しい演奏方法・ジャンルにチャレンジしてみたくなることもあると思います。, ベース本体とアンプだけだと飽きを感じてしまう人も少なくないですが、新鮮な発見があるだけでベースに対するモチベーションはかなり上がります。, あとは音自体には関係ないことなのですが、エフェクターを使用していると単純にかっこいいです(笑), 演奏には直接関係のないことではありますが、エフェクターを使いこなしているといかにも上級者っぽいですし、憧れる人も少なくないと思います。, さすがにかっこつけたいがためにエフェクターを購入することは間違いですが、おまけとしては結構魅力的なメリットだと思います。, エフェクターを使用することでベースの音に変化を与えることができるとは何度も言ってきましたが、それは悪く言えばベース本来の音から遠ざかっていくということ。, 一般的にはエフェクターを何個も繋げれば繋げていくほど音が減衰し、ベースらしい太さを失っていきますが、それを音が痩せていくと表現します。, どれくらい音痩せするかは機材によって異なり、良いエフェクター・良い機材を揃えることでそれを最小限に止めることは可能ですが、それでも完全になくすことは難しいです。, 確かにエフェクターのが多ければその分音作りの幅も広がりはしますが、「あのエフェクターもこのエフェクターも使いたい!」と言って、なんでもかんでも繋げればいいというわけでもないんですね。, 1個2個くらいなら悪影響はほぼないと言っても過言ではありせんが、エフェクターを使用するからと言って必ずしもプラスの効果だけ得られるということでもないというわけです。, エフェクターを使用することによって音作りの幅が広がるというメリットがある反面、その分扱いが難しくなるというデメリットもあります。, エフェクターによってはツマミが何個もあるものもありますし、複数同時に使用するなら組み合わせは何倍にも増え上がります。, なのである程度ベース経験がある人でも、初めて触るエフェクターを使いこなすには時間をかけて、いろいろ試す必要があるでしょう。, もちろんこれは誰しも通る道なので仕方のない部分もあるのですが、確かにせっかくエフェクターを持っていても使いこなせなければ宝の持ち腐れ…。, 「初心者のうちはエフェクターに手を出すべきではない」という人がいるのはそのためですね。, なのでもし扱いに慣れないうちからエフェクターの購入を考えているのであれば、必ず楽器屋に行って試奏し、その際店員さんにそのエフェクターの特徴や操作の仕方を教わるといいと思います。, そしてエフェクターに限らず、楽器をやっているとどうしても避けて通れないのが金銭面の問題ですよね。, ベースもその例外ではなく、機材にこだわり出せばもうきりがありませんし、その分出費もかさみます。, となるとわかると思いますが、エフェクター単体でもう安いベースと同じくらいお金がかかることになります(笑), 欲しいエフェクターを一通り揃えようともなると、下手をすればハイエンドモデルのベースが買えてしまいますよね。, ちなみに1個3,000円ほどのベリンガーというメーカーのエフェクターがありますが、個人的にはあまりおすすめしません。, 「値段の割に良い」という意見も多く、確かにそれは間違っていないと思いますが、逆に言えば値段相応かそれより少し良いくらいの質ということ…。, 実際音痩せや耐久性に優れているとは言い難いので、せっかく音にこだわってエフェクターを購入するのであれば、ちゃんとしたメーカーの商品を購入した方があとあとになって後悔しないと思います。, 1個や2個なら個別にバッグやケースに入れれば済む話ですが、本格的にエフェクターボードを組むとそうもいきません。, もちろん大切なエフェクターたちを安全に持ち運ぶためにエフェクターボードがありますし、それを持って歩く姿はかっこいいですが、実はあれものすごく重いんです(笑), ボードの大きさや中に入ってるエフェクターの数にもよりますが、大体10キロ前後はすると思うので、むしろベース本体より重くなります。, なので車があるならともかく、電車や徒歩で移動する場合はかなり大変な思いをすると思います。, エフェクターを使用するとなると当然接続が多くなるので、どこかで不具合が起こる可能性は高くなります。, またエフェクターの数が多いと、いざトラブルが起こった際、どこに原因があるのかも特定しにくいです。, ライブ中に急に音が出なくなってしまうなんてことも考えられなくないので、持ち運びの際などは、重いからといって適当に扱わないようにしましょう。, ここまでエフェクターのメリット・デメリットを紹介してきましたが、気になるのは結局「ベースにエフェクターは必要なのか?」ということですよね。, 実際のところベースはギターとは違いベース自体の音に魅力がある部分も大きいので、エフェクターの重要度は下がります。, そのため「ベースはアン直で十分」という意見を持つ人もいますが、とは言えエフェクターにメリットがあることも事実。, 様々な意見がありベース初心者の人は悩んでしまうと思いますが、結論を言ってしまうと、, そのうちお金に関しては本人の問題なので金銭的に余裕がないという人もいると思いますが、他のデメリットはどれも対処できる問題であり、例え初心者でもそれは変わりません。, 一方で、やはりエフェクターなしのベース本体とアンプだけだと音作りにどうしても限界があります。, エフェクターを使いこなせばより細かく、より迅速に音作りをすることが可能になりますし、特定のエフェクターがないと絶対に出せない音も少なくありません。, またシンプルに考えて、ほぼ全てのプロベーシストがエフェクターを使用しているという事実こそが、エフェクターがあった方が良いということを証明しています。, 一度に欲しいエフェクター全てを揃えることは難しいと思いますが、より良い音にこだわるのであれば、少しずつでも買い集めていった方が良いと断言できます。, それは間違いありませんが、とは言え初心者がまずお金をかけるべきなのはベース本体です!, なのでエフェクターを揃えようと思えば、そのお金でかなり良いベースが買えてしまいます。, 確かにエフェクターを使用すれば音を劇的に変えることが可能ですが、それは土台に良いベースの音があってこそ。, 音作りにおけるエフェクターの役割はあくまでサブ的なポジションなので、お金をかけるならまずはメインのベース本体からと言えます。, 「エフェクターを揃えるほどお金がないけど、それでもどうしてもエフェクターが欲しい!」という人におすすめなのがマルチエフェクター。, 通常のエフェクターは正確にはコンパクトエフェクターと言うのですが、マルチエフェクターとは何十種類という様々なコンパクトエフェクターが一台に詰まったまさにオールインワンの超便利アイテム。, さすがに一つ一つの質はコンパクトエフェクターには劣るので上級者で使用している人はあまりいないのですが、いろいろなエフェクターを使用できるので初心者が一番始めに買うエフェクターとしてもおすすめです!, 価格も2万円弱とそこまで高くないので、エフェクターを買おうか迷っている人はまずマルチエフェクターでエフェクターとはどんなものなのかを体験し、それを踏まえて個別で揃えていけばいいと思います。, もちろんマルチエフェクターも十分ライブで使用できますし、コンパクトエフェクターと交ぜて使用しても問題ありません。, ただデメリットに関しては対処できる問題なので、やはりベースにもエフェクターはあった方が良いです。, またそうは言ってもやはり初心者にとってエフェクターは敷居が高く感じるかもしれません。, まずはマルチエフェクターで慣れていき、そこから本当に欲しいと思ったエフェクターを買い足していくといいでしょう。. 初心者・経験者問わず、ベースを続けていたら必ず気になってくるもの エフェクター 。. 最近、マルチエフェクターを卒業しまして、歪みの前にブースターを繋いでメインの歪みをブーストさせているのですがノイズに困っています。そこでノイズゲートの購入を検討中なのですが、もっと安上がりでノイズは消えないのでしょうか? 「ベースだから低音を大きく」は間違い!上手い人ほどローをカットしています。バンドで「自分の音が聞こえない」「音抜けが悪い」場合はローをカットしましょう。ライブでのベースがいまいちな原因 … 出展:https://www.music-man.com 簡単に言うと、ベース本体に9V(稀に18V)の乾電池駆動のプリアンプ回路を内蔵している事で音の信号に対するノイズが低く、音の劣化が少ない特性を持ったベースです。また、2バンド(高音域・低音域)〜3バンド(高域・中域・低域)の音の周波数帯域を調整するイコライザーにより、多彩な音作りが出来るベースになります。 ちょっと待った!プリアンプ回路って何?という事ですが、次に続きます。 ベースがいらないと言われる理由. アクティブベースでも、普通に使うなら歪みません。 ベース本体で低音をブーストし過ぎると、B弦の開放を思いっきり弾いたときに歪んでしまいますが…そこまで無茶しないので今のところ問題なし。 /* */, オーケストラでもベースは重要視されます。そして、いない場合は、なんとか「低音をカバー」しようと工夫しています。. サイクルベースあさひと言えば、近所に店舗があるという人も多いかと思います。特に、関東に店舗が多いですね。青森、福島、島根、鳥取、長崎、沖縄以外には店舗を構えています。最近は自転車に乗ってる人の数が急増しています。関東圏で 歪みエフェクターの後段(歪みエフェクターから見て左側)にブースターを繋ぐと、全体的な音量が上がります。 前段に繋ぐ場合とは異なり、ブースターの後に音量が変化するエフェクターが繋がれていないので、純粋に音量を上げることができます。 それって面白い話を聞いたとがあるよ。友達の弟の話なんだけどね、ベースキットは最初から見積もりに入ってて、値引きの交渉をしてたんだって。 だけど考えてみると、ベースキットの中にいらないものが結構あったから、いらないって言ったらしい。 エフェクターを繋いでいく際によく聞く「バッファー」という用語。よく分かっていない方も多いかもしれませんが、エフェクターを使う際にはぜひとも知っておきたい重要項目です。ここではそんなバッファーの定義から、バッファーとして使えるおすすめのペダルまでを一挙紹介しています。 とか、 ベースなんていらないじゃん! と言わんばかりに、何かと散々な扱いを受けてしまうベースという楽器なんですけど。 そんな世間の声に対する素敵な答えを教えて!