プロの方でもやっていることだったりします。 iPhone/iPad用オーディオインターフェイス一覧. 今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。 本来は、ユーザーがパワーアンプとスピーカを、それぞれ自分の用途に合わせて選んで(買って)使うものではあったのですが、組み合わせにも相性とかあったりするし、何よりちょっとしたスピーカ鳴らしたいくらいなら、いちいち面倒ですわな。 です。 エレキギターやベースって、直接ミキサーと繋げないの! お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 何故、ギターアンプはアンプ直の歪みがついているのに対し、ベースアンプはついていてもギターアンプほど歪, CDに合わせてギターを練習するとき、イヤホンをつけて曲を流しながら、アンプに繋いだギターを弾いていま. ・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。 キーボードアンプは−10db(民生機用)入力ですから、歪むのは当たり前です。 エレキギターの場合は?アンプの前にD.I.をおくのでしょいうか? 商品詳細 10m LIVE LINE ライブ ライン LE-ステージシリーズ ギターケーブル 10m LE-P10MS/S パープル(紫)日本製 Made inJapan 長さ:10M プラグ形状:ストレート&ストレート 高級OFC銅線を芯線に使用 国産オリジナルプラグ採用 支払詳細 ※年末年始の配送について※1月30日から1 大型ギターアンプなんかでは、「アンプヘッド」と「スピーカキャビネット」に分かれているものもありますね。この場合、普通はアンプヘッド部分にコントロールとパワーアンプが入っていて、スピーカキャビネットは箱にスピーカが入っているだけ…というものになります。 ライブ会場で、自分のモニター用の音はギターアンプから、お客さん向けの音はキャビネットシミュレーター・マイクシミュレーターを使用したライン出力で出力すると言うことが本体のみで可能な点が大きなポイントです。 ね-20dBVが目安)、D.I.Outからオーディオインターフェースまで(長くて2mくらい)なら、ノイズ面ではよっぽど環境が悪くない限り、バランスでもアンバランスでもどっちでも大して変わりません。 基本的に私の認識では、 もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む, ヤマハの6212MAを購入しました。マニュアルを見ると接続例にエレアコギターとエレキベースを同時につないでいる図がありましたが、エレキギターをつないでいる図はありませんし、エレキギターを接続できるとも書いていません。 そんなことから、もし何か「アンシミュの音をそのまま(大音量で?)鳴らせる機材が欲しい」ということなら、頑丈なPA用かモニター用の「パワードスピーカ」がいいんじゃないか…と推薦した次第です。 それはそれで置いておいて… 2.プリアンプ なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。  ワケですから。 いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。 ところが,エレアコは必ずDIを通します。 キャノン端子のほうはDIアウトですので、XLRケーブルを購入し、今度スタジオに行ったときこちらに繋いで試してみようと思います。 ・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。 ギターアンプのライン出力というのは今まで使ったことがなく、こういう場合pa(ミキサー)が対応できるのか心配です。 ミキサーの入力側で調節できるものなのでしょうか? アンプの質問をしたら、手持ちで電車移動できる小型アンプを探しているといってるのにPeaveyのEnvoy110やBANDIT 112を絶賛して奨めてくるし、他の質問者にもジャズ用アンプの質問にはそればっかり。 1968 ギタリストからすれば答えは単純で、 しかし家でテストで、CUBのライン出力からキーボード用のモニタースピーカーに繋いだところ、出力レベルが大きすぎるのかバリバリに歪んでしまいます。アンプのボリュームを上げればどんどんライン出力も大きくなります。 ギターの音をパソコンに入力するためには、オーディオインターフェースが必要です。パソコン上の音をヘッドホンやスピーカーに出力する機能もあるため、 ライン録りには欠かせない機材 になります。 現状:PODXTLIVEという、アンプシミュレーターを最近購入しました。自宅で使用するときは、VOXの10Wのアンプであるpathfinder10につなげて使っています。しかしながら、このアンプは出音に癖があってアンシミュの音通り(そのままの音)に出音してくれません。そこで、PODXTLIVEにパソコンのスピーカーをつなげてみましたが、2000円程度の安スピーカーでは音が潰れてしまい悲惨です。 ただ、メーカーによってD.I側でどの程度インピーダンスを変換するかは異なるケースもあると思いますので、やはりご自身でいろいろ繋ぎ変えて気に入ったルーティングを見つけるのが良いと思います。 そんなの買うならライブで使える新しいエフェクター買う! もっともです。 ということで、今回は(なるべく)お金がかからない録音方法として、私がやっていたパソコンのライン端子を使った録音を扱いたいと思います。 ~ライン端子とは? ここでは、パソコン本体についている「音声の� になるわけですから、まず A. えー、No.2さん、いやしくも専門家の方がBehringerのGI100なんか薦めて良いんですか(爆) 猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて) 自分の機材で調整できる範囲で調整した結果が、つまりは質問のような状況だったんですが。 ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。 ボクも年1回のライブではPODを普通のアンプの入力に XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。 です。 極論ですが、機器の出力だのインピーダンスだのは(知ってて損はないけど)あんまりごちゃごちゃ考えなくて良いです。XLRでもラインレベル出力のケースは確かにありますが(ミキサー→パワーアンプなど)、『D.I.OUT』から『XLRマイク入力』『使用ケーブルはXLR♂-XLR♀のバランスケーブル』と決め打ちでOK。 PAに詳しい方教えてください。, 逆に言えば、 普通よく見かけるのは、1つの箱にコントロール回路とパワーアンプ回路とスピーカがすべて一体となっているものですね。質問者の方のpathfinder10もそうですが、分類ではこの手のギターアンプは「コンボアンプ」と呼ばれます。 こんな使い方は間違えてますか? 詳しい方からはもっと的確な回答があると思います。  ↓ ライン信号 は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。 昨今はマルチエフェクターやアンプシミュレーターの質が上がっていますから、そういう「アンプ無し」でライブをするギタリストもおられるかも?と思い質問してみました。 それとインピーダンスというものもよくわかりません。 それで、特にパソコン用なんかでは、今ではアンプもスピーカ箱の中にあらかじめ組み込んで製品化した「アンプ内蔵スピーカ」が主流なわけです。パソコンからの出力をケーブル一本で繋ぐだけですぐ音が出るわけです。 蛇足ながら... ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。 が、 PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。 と、「入力インピーダンス>20kΩ(バランス)」と書いてありました。 ギタリ...続きを読む, ギターなどの楽器をミキサーにつなぐにはどうすればいいんですか? しかし Deluxe のヘッド・フォーマットはライブハウスを満たす 4x12、移動に便利な2x12やその他のエレキギター用スピーカーと組み合わせることができます。 好きなように組み合わせて、 Silverline Deluxe Headを置いてみてください。 仕様 ギターアンプについて質問です。 本当に大まかです。 このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。 質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、 機器の接続順も一緒に教えて頂けると嬉しいです。 比較的小規模のステージでも、数百Wは当たり前です。そして、プロのステージなら「あれ、機械の調子悪くて音が止まっちゃった」なんてことは許されませんよね。そのため、アンプだろうがスピーカだろうが、何でもかんでもメチャクチャ頑丈に作ってあるのが普通です。 エフェクターはギター用でしたら当然ギターのピックアップ出力に合わせてマッチングさせていますので、ギター→エフェクター→D.Iの順序が良いと思います。 パワーアンプYAMAHA P2180、P2080 2台 ・・・ちなみに、DIとミキサーをつなげる録音方法はいいのでしょうか・・・?, D.Iはインピーダンスをマッチングさせて、電気信号の伝達のロスを少なくすることが目的です。 出力100wで、本格的なライブ演奏での使用におすすめのギターアンプです。 最大の特徴がフロントに5インチスピーカーを内蔵している点。 別途キャビネットを用意せずとも、自宅練習用のコンボアンプとして使用可能です。 ただ、あんまり一般的にはないモノの、あえてアンプのコントロール後の音を活かしたいために、アンプのLINE OUTからD.I.を経由して録音したり、「そういう設計になっているD.I.」に限りますが、アンプのスピーカアウトからD.I.に繋ぐケースもあります。 オレンジ(orange) ギターアンプ crush 12. >電圧は173V(?合ってるのかな・・)ということなので、アンバランスを使っても大丈夫ということになりました。 基本的に私の認識では、 かなり大ざっぱです。 まぁ、ライブでもごく普通に使うベースに比べれば、ギターでは普通はレコーディングの時くらいしか使わない事が多い…ってのはありますけど。 「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」 質問者の方の、他の関連質問の内容も見較べて、「バランス/アンバランスの一般的な違い等」をお知りになりたいのかな? と思ってましたので、回答も一般論にとどめていましたが、具体的に試みようと思っている接続例があったということですね? 最近、ギターをやっている友達の家にいったところ、ギターからエフェクターにつなぎ、エフェクターからコンポにつないで、コンポのスピーカーから音をだしていました。 「アンプヘッドにXLR出力のD.I.OUT端子が有って、オーディオインターフェースにXLRのマイク入力が有るなら、両者間はXLR♂-XLR♀のバランスケーブルで接続すべき!」 XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。 さてさてZoom G2ですが、 コレは周波数補正をかけてオーディオ用のアンプやヘッドフォンをギターアンプの音っぽく鳴らすアンプシミュレーター的な機能が備わってるみたいです。  ↓ 音量はとても小さい。  ↓ ライン信号 ご参考になれば幸いです。, D.Iはインピーダンスをマッチングさせて、電気信号の伝達のロスを少なくすることが目的です。 これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、 本件に限っては、『D.I.Out』端子で出力インピーダンス1kΩなら、オーディオインターフェース側はXLRのマイク入力端子とバランスで繋いでまず間違いないだろうと思いますが、この場合は、『D.I.Out』出力レベルが概ね-50~-30dBV程度ということが前提です。 実際スタジオで使ってみたりもしていますが、 プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。 先日のライブでHelixを実戦投入してみました。 今回はHelix初投入ってことで色々試してみたくてちょっと凝って、XLR(キャノン)出力でステレオライン出しにし卓へ送りPAへ。 アンプで出力してマイクで拾うと、低音成分が拾い切れないらしいです。, こんにちは。  絶対に守らなくても良いと思います。 ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。  エフェクターの1つとして捕らえています。 もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。 そしてミキサー YAMAHA MX12/4 ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。 あまり回答にはなっていませんが、 「壊れる要素が見当たらないんですよね。」・・・とは申しましたが、チト訂正しときます。 D.I側に拡張機能としてエフェクトセンドがある場合はそちらを利用する手もあります。 ご参考になれば幸いです。, またNo.1です。 エフェクターに限らず、I-podなどをコンポに繋ぐときも同じ事が言えますし、普通にギターアンプを鳴らすときも、ギター側のヴォリュームはゼロにしてから電源を入れた方が安全です。 無理してギターアンプを買わなくても、オーディオ用のアンプで試してみるといいでしょうね。, No4です。 キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。, 私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが… すぐに壊れる事は無くとも、長いスパンで見ればアンプやスピーカーの寿命をスリ減らしているかも知れません。...続きを読む, ボリュームペダルはなんとなくわかるのですが、 2、スピーカー?パワードアンプ?要は音に癖を付けず出力させるものを使う方法 「アンプ」は「amplifier(アンプリフィアー。増幅器)」の略称です。「ギターアンプ」は、本来非常に小さなエレキギターの信号を、ライブハウスに響き渡らせるほどでっかく増幅する、エレキギター専用のマシンなのです。オーディオなどで使用されるアンプは通常、送られてくる音をできる限りそのままの音質で増幅しようとします。ギターアンプはこれと異なり、さまざまなつまみで積極的に音を加工して個性的なサウン … そういった観念的な視点で回答されるより、具体的なオペレーション例などを上げていただきたいものです。 実務上は、エレキギター・エレアコ・エレキベース等の「ハイインピーダンス」の信号を、ローインピーダンスのマイク端子(バランス型XLR端子)に繋ぐ時は、必ずついて回るのがダイレクトボックス。 しかし、マイク録りの場合は、あったりまえですがマイクの出力を直接マイク端子に挿せばよいだけなので、D.I.なんか使いません。 「アンプヘッドにXLR出力のD.I.OUT端子が有って、オーディオインターフェースにXLRのマイク入力が有るなら、両者間はXLR♂-XLR♀のバランスケーブルで接続すべき!」 いわゆる「アンプシミュレータ」は この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。 >しかし、Di outから出た信号を受け取るインターフェースの仕様を見てみる ただ、後者の場合は、D.I.もスピーカアウト直に耐えられる「減衰回路付き」のものでないとだめだし、アンプも何でも良いというわけにはいきません(チューブアンプだとマズイ奴がある。ソリッドアンプなら大抵OKだけど)。, ギターでもダイレクトボックス使う事はありますよ。 ライン出力端子が備わっているのは、ライブでは特に有用です。ライン出力から信号をPAに送りつつ、THR30IIA Wirelessを自分用のモニターとして使用できます。専用キャリングケース(別売)もあるので、持ち出しも安心です。 「ワイヤレス」による無上の開放感 今まで漠然とライン楽器の出力設定を決めていたかもしれませんが、その設定や振れ幅でもサウンドやバランスへの影響があることがわかってもらえたでしょうか。 左から「マイク端子」、「ラインアウト(出力)端子」、「ラインイン(入力)端子」 今回活躍するのは青色のラインイン(入力)端子です。 【今回必要なもの】 パソコン本体. どんなアンプでも(オーディオ用でもギター用でもって意味です)無茶な入力過多をすると壊れる可能性はあります。 アンプシミュレーターには数多くのアンプサウンドが用意されて まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 ダイレクトボックスは数千円からあります。持っていて損はないです。 まぁ、ライブでもごく普通に使うベースに比べれば、ギターでは普通はレコーディングの時くらいしか使わない事が多い…ってのはありますけど。 例えばブースターを使えば、アンプは入力過多になったりする事も多いですが、みなさん結構気にせずに使ってます。 ギターは本来自由な楽器なので、  このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。 キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。, 私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが… スピーカーはとりあえずBOSE 101 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EADI21%5E%5E PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。 最近は小型の真空管アンプも増えてきています。 ギターアンプ. 実務上は、エレキギター・エレアコ・エレキベース等の「ハイインピーダンス」の信号を、ローインピーダンスのマイク端子(バランス型XLR端子)に繋ぐ時は、必ずついて回るのがダイレクトボックス。 実際スタジオで使ってみたりもしていますが、 エレキギターの場合は、普通はエフェクターの後の「アンプの直前」にD.I.を入れる事が多いです。そうしないとエフェクトの掛かった音が録音出来ないから。 まぁ、ライブでもごく普通に使うベースに比べれば、ギターでは普通はレコーディングの時くらいしか使わない事が多い…ってのはありますけど。 いや、私も2台持ってて、素人PA現場で重宝してますけども(^^ゞ ミキサーの入力側で調節できるものなのでしょうか?もしくは、演奏者側で出力レベルを下げるなんらかの機器(プリアンプとか)を接続しなければならないでしょうか? ・音量を調節したり音色を作るプリアンプ(コントロールアンプ) それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。 例えばブースターを使えば、アンプは入力過多になったりする事も多いですが、みなさん結構気にせずに使ってます。 ・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。 自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、  ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、 基本的に私の認識では、 最終的な出力先となるのはアンプになるのでしょうか?? の形態で普通にバンドで演奏する音量のPower部のLevelを確認したうえで、それと同じレベルにするには、GT-8のoutput-levelはどの程度なのか?(つまりJCM900のプリと同じぐらいのlevel)  捕らえていらっしゃるようですね。 その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。 ギターアンプについて質問です。 ライン出力では、 ギターアンプに繋いだようなサウンドにシミュレートする機能(アンプシミュレータ)を利用して音作りする必要 があります。 アンプシミュレータは最近のマルチエフェクターであれば、ほとんどの機種で搭載されています。 PAスピーカなら、比較的小型の物でもこんなの 対して、エレアコの目指す場所は「ギターの生音の再現」であり、 具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、 僕はシンセのヴォリュームをコントロールするのに、YAMAHAのエクスプレッションを使っています。普通にヴォリュームペダルを使うと、2倍の本数のシールドが必要になるので重いんです。ま、ペダルも重いですけど。 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EADI21%5E%5E ・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。 ・スピーカ 以前は近隣住民への配慮でエレキギターの生音のみで練習していましたが、Helixはヘッドホン等でダイレクトモニタリングができるので、ライブで実際に出力される音を聴きながら練習できるようになりました。 単純に「良い音」で常に練習できるのでモチベーションはかなり上がります。 を接続したのですが、 そこでPAや機材に詳しい方にお訊きしたいんですが、  ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。 ライブハウスだと、アンプ→マイク→PAの場合と遜色無い音が出るものですか? ・・・というのが素人なりの解釈です。 1.なぜライン出力に馴染みがないのか? 2.ライン出力時に使われるdiの役割. どんなアンプでも(オーディオ用でもギター用でもって意味です)無茶な入力過多をすると壊れる可能性はあります。 1.プレーヤー 実務上は、エレキギター・エレアコ・エレキベース等の「ハイインピーダンス」の信号を、ローインピーダンスのマイク端子(バランス型XLR端子)に繋ぐ時は、必ずついて回るのがダイレクトボックス。 Podなどのアンシミュは、直接DIに送ることも想定されてます。 その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。 電圧173Vは、聞きまちがいか打ち間違いか…ですよね(^^ゞ うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。 客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は もし購入するんだったら実際に踏んでみるべきです。ストロークの長さや重さ、変化のカーブがかなり違いますから。 またどのペダルが良いとかお勧めがありましたら教えていただきたいです。, エクスプレッションペダルで音は薄くならないですよ。 解釈としては「アンプシミュレータ」を「エフェクタ」と ライン出力としても使えるため、レコーディングにも活躍します。単3乾電池6本で駆動するのも特徴。電源を確保できない場所でも手軽に演奏を楽しめます。 楽天市場で見る. もちろんギターアンプも持ってるんですが、モニタースピーカーだとあまりアンプ自体の癖が入らないので、マルチの出力先にLINEを選択すればアンシミュの音がうまく再現されるし、いろんなアンプモデルに容易に切り替えたりでき便利だからです。 違うだけでメリットはないと思ってしまいます。 でも470kΩというのはちょっと低いですね。, 今、ギター録音のためにDIの購入を考えています 3.パワー...続きを読む, 私の愛用している300Bシングルアンプ。 宜しくお願いします。, ギターでもダイレクトボックス使う事はありますよ。 それはわかりましたので、この質問の本題である、 来週でも試してみようと思ってるのですがどなたか詳しい方よろしくお願いします。, 実際に試すのが一番でしょうけど・・・  接続して演奏していますが、感覚としては   の後方に 今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。 D.I側に拡張機能としてエフェクトセンドがある場合はそちらを利用する手もあります。 まぁ、先に結論を言えば、 あら、さようですか。しからば、この説明でわかるかどうか自信ないですが… そーいった要素を理解した上で使う分には「壊れる要素は無い」って言いたかった訳です。 屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。 しかし家でテストで、CUBのライン出力からキーボード用のモニタースピーカーに繋いだところ、出力レベルが大きすぎるのかバリバリに歪んでしまいます。アンプのボリュームを上げればどんどんライン出力も大きくなります。 すると、なんというんでしょう、音としては好みの音が出ているのですが、いまひとつ迫力が無いというか、リアル感?が無いというか・・・  ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。 ・プリアンプの信号は電気的に大きくないので、その信号をスピーカを鳴らせるように増幅するパワーアンプ(今まで出てきたパワーアンプと一緒) バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。, >> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない // まぁ、ライブでもごく普通に使うベースに比べれば、ギターでは普通はレコーディングの時くらいしか使わない事が多い…ってのはありますけど。 ぎたすけ. ジャンルはジャズでフルアコを繋ぎます。屋外ステージなので音量のほとんどはPAで出すことになり、CUBはほぼ自分用のモニター代わりになると思います。 についてはどうなのでしょう? (もっといろいろあるけど) 「壊れる要素が見当たらないんですよね。」・・・とは申しましたが、チト訂正しときます。 ま、ごく大ざっぱですいませんが、おおむねそういうことです。 (スタジオでの音のショボさは、そのスタジオのPAスピーカーのクオリティ?あるいは所詮“シミュレータ”ではそんなもの?) アンシミュの音通りに出力するにはどういう機材が必要でしょうか。予想しているのは、 がすべてです。 しかし、音が薄くなるとかイロイロな噂を聞くのですが、実際はどうなのでしょうか? 4.スピーカー ?』 と、その時僕は思いました。 いかにも『繋げられますよ~』と言わんばかりの端子群が、 ミキサーにはあ� このあたりは、使用アンプと使用オーディオインターフェースの詳しい型式がわからないと、何とも言えませんけどね。 なぜでしょう。 また、事前に手渡される提出書類の配置表(メンバー及びマイクやアンプの数等のセットリスト)の記入欄にDIボックスの使用を足して置けば大丈夫だと思います。, 小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。) D.Iというのはインピーダンスをマッチングさせるためのものと説明しましたが、「じゃあマッチングってどういう状態よ?」てことになると思います。 ギター弾き語りライブでよく使われるライブハウス専門用語をまとめて解説 ... つまり、ギターをマイク録りするのかエレアコとしてアンプ(スピーカー)から出力するのかを聞かれています。 ... ライン. http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EGDI21%5E%5E 詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。, 今度屋外ステージで演奏することになり、アンプは自前で用意とのことでPhil Jones CUB AG-100を持って行こうと思うのですが、これだけでは音が小さいので、ライン出力(1/4インチのアンバランス出力と、キャノン端子のバランス出力が有り)からPAに繋ぎ、アンプとPAの両方から音を出そうと思います。 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=326%5EXLC127PLUS%5E%5E たとえば、アコースティクギターをマイク録りするときには アンプシミュレータとアンプを接続するっていうのは、 基本的に私の認識では、 一般のパソコン用なんかでは、どっちかというと「アンプ内蔵スピーカ」という表現を使う場合の方が多いと思いますが、PA用(後述)やレコーディングスタジオ用といったプロ用業務音響機器の分野では、「パワードスピーカ」と呼ぶケースが多いです。要は同じことで、「パワード=アンプ内蔵」と考えて良いです。 機材の事はあまりよくわかりません。お勧めの機材や解決法があればご教授ください。, またNo.1です。 今回はライブでの使用を検討しています。, 小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。) これも私、両方持ってますけど(Behringerは貧乏素人専用メーカーですぜ(^^ゞ)、この値段考えたらなかなか使えますよ。, こんにちは、 ちなみにXLR⇔フォンなどの変換ケーブルを用いたりすると、「ロー出しハイ受け」のルールを守っていてもノイズが多かったりと、必ずしもインピーダンスの値だけで判断できるものではないのがマッチングの難しいところで、このあたりを知らないと「このD.Iは安ものだから全然音が良くならないじゃん。使わなくてもいいや」みたいな勘違いをされてしまうケースもあります。 もう1つの方法は、ベースはベースアンプに接続し、ベースアンプのラインアウトをミキサーに接続します。 とすると、ライブハウスの大きなPAシステムなら、スタジオのPAと違い迫力のある音で鳴らせるものでしょうか? もし、エレキじゃなくてエレアコギターなら、こっち 説明書の仕様欄などにインピーダンスの記述があると思いますので、「どういう数値関係なんだろう?」と思ったら調べてみると良いですよ。 このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。 目的は、そんなに広くない音楽室なので、 よくステージとかで「ほな、ベースはラインで鳴らすわ」とかPAの人に言われるのですが、これってこういう意味ではないのでしょうか??, MX12/4のインプット端子は上にMIC用(3ピンのXLR端子)、下にLINE用(普通のフォンタイプ)の2つがありますが、どちらにつないでいますか? ギターをやっている者です。 それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。 しかし家でテストで、CUBのライン出力からキーボード用のモニタースピーカーに繋いだところ、出力レベルが大きすぎるのかバリバリに歪んでしまいます。アンプのボリュームを上げればどんどんライン出力も大きくな...続きを読む, Phil Jones CUB AG-100の写真見ましたが、説明書見ないと分かりませんが、大体コレらの出力はPAに接続する目的で装備されて居ますから、PHONEジャックの方は恐らく+4db出力(プロ機器用「ミキサー入力レベル」)なのかも知れませんね。 話変わって、ギターアンプなんかの場合では、 だから、ミキサーやオーディオインターフェースのマイク端子にギター等の出力を繋ぎたい時には、ギターだろうがベ...続きを読む, アンプシミュレーターをライブ時に使用する場合についてですが、 ベースからの信号を増幅し、音質や音量を調整する機能や、増幅した信号を再生するスピーカー機能を備えたものです。一言にベースアンプといっても様々な種類があります。自分の環境や音の好みに合わせて選びましょう! それか変換ケーブルだと思います。 にほんブログ村昨日の休日は朝からエフェクターと格闘です。以前もご紹介させていただいた事のあるZOOMのG1Xonです。ちなみに、ポイント多いんで、やっぱりここが最安値かな。で、格闘後はなまった体に鞭を打つためジョギングし 最近は小型の真空管アンプも増えてきています。 でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。 それともスピーカーでしょうか?? えーと、最近の若い方だとそう思うのも無理無いかなとは思いますが、世間的には本来は、単に「スピーカ」と呼べば、『箱にスピーカユニットが付いただけ』のものを指すのが普通です。当然、箱の中はがらんどうです(この、がらんどうであることに実...続きを読む, ギターなどの楽器をミキサーにつなぐにはどうすればいいんですか? ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。 あくまで、参考までに。, ども。 Helixをライブで使用する場合の簡単な設定方法について.  ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号 最大にしてもそんなに大きい音ではないです。そこそこは鳴ってますが「これで最大なわけないやろ・・」という感じです。 どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。 あら、さようですか。しからば、この説明でわかるかどうか自信ないですが… ギターをライン録りする時には、アンプシミュレーターが必須です。アンプシミュレーターには、実際のアンプのような音を再現する機能があり、録音する音をギターらしい音に加工する役割を持っています。 録音する音に一番影響するものであるため、 良い音で録音したいと思う人はアンプ�  基本的に「ギターの音」は出すことが出来ます。 必要性があるのか??という疑問があります。 これも私、両方持ってますけど(Behringerは貧乏素人専用メーカーですぜ(^^ゞ)、この値段考えたらなかなか使えますよ。, こんにちは、 >今まで私は、スピーカーとはケーブルを挿せば音がなる物と認識していました(パソコンのスピーカーみたいな)。上で言うパワードモニターになるのでしょうかね。 突飛な質問かもしれませんが、経験のある方がいらっしゃいましたら教えてください。 エレキギターはアンプまで含めて楽器なんですね。 質問者の方のアンプでは、もうこれ以上の詮索は必要ないと思いますが、他のXLR出力端子の機器があった場合は、出力レベルがどの程度かの確認は必要になります。 エレキギターの場合は?アンプの前にD.I.をおくのでしょいうか? どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。 ステレオ標準変換プラグ ありがとうございました。, やはりプリアンプ等が要りそうですね。今度スタジオに行ったらミキサーに繋いで試してみます。 また、定格出力が173mVだとしたら、アンバランスのラインレベルでも使えないことはない…というレベルですが、これはオーディオインターフェースの入力端子の仕様によります。 まず、ヘッドホン出力とライン入力です。 実際スタジオで使ってみたりもしていますが、 ルーティングをいろいろと試してどれが最も良い音になるかはご自身の好みも含めて判断されるのがベストです。 このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。 B. GT-8(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker ライン録音は「生音の録音に向いていないから意味がない」という意見もあるようですが、そんなことはありません。 エレアコは「エレクトリックアコースティックギター」という立派な楽器であり、エレアコにしかないサウンドや音作りがあります。 このPADによって入力ゲインを下げてしまうと後からアウトプットで音量を上げてもS/N比が悪くなります。これをインピーダンスのミスマッチングで音量が上がらないと勘違いされるケースもありますのでご注意を(笑) 私もやってみようとおもったのですが、良くわかりませんでした。 例えば、タブーとされている  ↓ 音を出す装置 だから、ミキサーやオーディオインターフェースのマイク端子にギター等の出力を繋ぎたい時には、ギターだろうがベ...続きを読む, 音響設備を整えようと ギターアンプについて質問です。 15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。 がすべてです。 その通りです。 「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」 具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、 ちなみに、海外のアーティストさんには、  アンプから出力しても、PAのミキサーから出力しても 具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、 LINE用につないでいる場合、大きな音は出ません。ダイレクトボックスなどを使って、上側のMIC用端子に接続すれば大きな音が出ます。 私も今までの説明が下手だったか…と、ちと反省ですが、正確に出力端子の電気的仕様を知ろうと思ったら、インピーダンスだけでもダメ、出力レベルだけでもダメで、両方セットで確認しないと確かなことはわからないのです。 D.IアウトがXLRの場合はミキサー側のXLR端子に繋ぎます。 ジャンルはジャズでフルアコを繋ぎます。屋外ステージなので音量のほとんどはPAで出すことになり、CUBはほぼ自分用のモニター代わりになると思います。 ギター. S/N比の向上やミスマッチング時のハイ落ち現象などが改善されます。 もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。 質問者の方の、他の関連質問の内容も見較べて、「バランス/アンバランスの一般的な違い等」をお知りになりたいのかな? と思ってましたので、回答も一般論にとどめていましたが、具体的に試みようと思っている接続例があったということですね? 自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、 バンド練習でギターアンプをライン出力で鳴らしてみました♪ Hughes&Kettner Oldcrow 楽器・機材 私の愛用アンプ、ヒューズ&ケトナーのグランドマイスター40には「キャ ビネット ・エミュレーション付 DI OUT 」なるものが装備されています♪。 大画面テレビに映し出せるhdmi出力 (ntsc/pal両対応) 動画データは、movフォーマットで記録 (mpeg-4 avc/h.264形式) ステレオミニ仕様の外部マイク/ライン入力(2.5vプラグインパワー対応) ライン/ヘッドフォン出力と、サウンドチェックに便利な内蔵スピーカー  基本的に「ギターの音」は出すことが出来ます。  自分の機材を、自分の良いと思う方法で使っているので ダイレクトボックスについてお尋ねしたいことがあります。 サイトリンクでも内容が合っていればOKです。 初歩的な質問で申し訳ございませんが、どなたか教えて頂けますか?, ども。  ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。 2-2.アンバランスからバランスへ変換; 3.ライブでラインの音を使う理由は? 4.レコーディングでライン録りをする理由は? 5.ラインの音作りで重要なポイント. ちなみにミキサーにはPADと呼ばれるスイッチ(アッテネーター)が搭載されているケースも多く、スイッチのオン・オフで±20db程度の音量差が出る場合があります。 ギターアンプのライン出力というのは今まで使ったことがなく、こういう場合PA(ミキサー)が対応できるのか心配です。 バンドサウンドにおいて「アコースティックギターの音(以下アコギ)」が欲しくなるシチュエーションがあるかと思います。ギタリストはもちろん、ボーカルの方もアコギを鳴らすことって多いかと思いますが、出力の方法や音量のコントロールについて説明します。 がすべてです。 それぞれにこんなパワーアンプが使われます。 15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。  をつないだとしても、それが最高のサウンドだったらOKな 極論ですが、機器の出力だのインピーダンスだ...続きを読む, ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。 インピーダンスは抵抗です。 もし、エレキじゃなくてエレアコギターなら、こっち ・15WくらいだとPAは必須...続きを読む, 私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが… 「+4dBmラインにペダルをつなぐと壊れる!」それは迷信であることが多いです。正しく使えば壊すことありません。 ギターアンプのセンド出力のレベルは以下の要素で決まります。 ①ギターの出力レベル(アンプの入力レベル) ②プリアンプのボリューム位置  ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。 ステレオミニプラグケーブル. ----- どういうシーンで利用ができるか教えてください。 今までの御質問状況では、どういう用途に使われるのかが(私が)いまいちはっきり理解できなかったのですが、出力がある程度あって(低インピーダンスで概  「モジュレーション系エフェクタ」 プリアンプというのはアクティブタイプのギターだと解釈しますが、特にルーティングを変える必要はないです...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。 つまり、通常のギターアンプを目の前で鳴らしているような感じとはちょっと違い、録音したギターを再生しているような、なんだかそんな印象でした。 もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。 ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。 だから、ミキサーやオーディオインターフェースのマイク端子にギター等の出力を繋ぎたい時には、ギターだろうがベースだろうがすべてDI通します。 エクスプレッションペダルとはどういったことに使用するものなのですか? プリアンプつきとそうでないものの双方教えていただければうれしいです。 まぁ、先に結論を言えば、 また「ベースはラインで鳴らすわ」の意味には2つのやり方があります。 直につなぐのはいけないと聞いたのですが・・・ 解釈としては「アンプシミュレータ」を「エフェクタ」と かなり大ざっぱです。 この機器についているEMX62Mというパワードミキサーにはエレキギターを接続することは不可なのでしょうか。お時間が許す方でご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。, ヤマハのサイトでマニュアルを見ると、一応、チャンネル6がハイインピーダンス受けになってます。 つまり、DIを使用しなくてもチャンネル6だけはエレキベースやエレキギター、エレアコ、RHODESなどのパッシブピックアップのハイインピー出力を受けられるということです。 ただエレキギターはあまり直でミキサーに接続することはないでしょということで図には無いだけですよ。  いや、私も2台持ってて、素人PA現場で重宝してますけども(^^ゞ たとえば、アコースティクギターをマイク録りするときには どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。 こないだ、ライブハウスで演奏したけどスタッフさんの言っている事がちんぷんかんぷんだったよ.  ↓ でもまだ音は小さい。 は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。 ミキサーのインプットにエレキギターをつないでみましたが音が小さいです。一応「鳴る」のですが 家でギターを練習するときは最近、マルチエフェクター(ZOOM MS-50)で音を作り、モニタースピーカーで音を出して練習しています。 心配なら、運営者にDIの予備(複数個用意してるか?)は有るか? ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。 繋げば音が出るのでしょうか?そもそもどういった目的であるのでしょう?, こんばんは。 エフェクターのOUTから直接つなげばいいのでしょうか? それはパワーアンプの出力でも、普通は有り得ない(^^ゞ ただ、質問者の方が、ギター→ミキサー→PAシステムみたいな感じで、ギターアンプの代わりに音を出したい…みたいなことをお考えなら、こういう選択肢もありますね。ちょっとだけ安いし(^^ゞ 誰か助けてください! (>人<), またNo.1ですが… ただ、後者の場合は、D.I.もスピーカアウト直に耐えられる「減衰回路付き」のものでないとだめだし、アンプも何でも良いというわけにはいきません(チューブアンプだとマズイ奴がある。ソリッドアンプなら大抵OKだけど)。, ギターでもダイレクトボックス使う事はありますよ。  マーシャルのプリアンプの後方に、VOXのプリアンプを ・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。 ギター弾き語りライブでよく使われるライブハウス専門用語をまとめて解説 . 街を歩いていると、どこからともなく聞こえる歌声と音楽。路上ライブのシーンを見かけることが多くなりました。雑踏のなかで何か新鮮で、思わず足を止めてしまったことはありませんか。ギターを抱えての生音ライブが多い中で、小型のアンプをチョコンと置いて その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。  入れてサウンドメイクを行ったり、ホントに多種多様な ベースからの信号を増幅し、音質や音量を調整する機能や、増幅した信号を再生するスピーカー機能を備えたものです。一言にベースアンプといっても様々な種類があります。自分の環境や音の好みに合わせて選びましょう! を接続しました。 「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」 えーと、最近の若い方だとそう思うのも無理無いかなとは思いますが、世間的には本来は、単に「スピーカ」と呼べば、『箱にスピーカユニットが付いただけ』のものを指すのが普通です。当然、箱の中はがらんどうです(この、がらんどうであることに実は重大に意味がありますが、言い出すと長くなるし知らなくても良いので割愛)。 ただ、最初に書いたように、「D.I.出力がXLR」「入力もXLR」なら、ノイズ云々とは別に、まずはバランスでの接続がありき…ですね。, No.2です。 2.プリアンプ 5-1.シールド (入力信号が大きすぎたり小さすぎる場合に入力感度を調整するスイッチだと思ってください)  ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。 これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。 その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。 XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。, >> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない // ステージの規模にもよりますが、大きいステージなら1台1000Wくらいのパワーアンプを何台も使って、スピーカも大型の物を何台も積み上げて使います。広い会場の隅々まで、ある程度の大音量を提供しなきゃならないからです。 内蔵マイクやピックアップで既に拾っている音を、