ギター講座(12)高速の16ビート・ストロークを攻略 投稿日: 2016å¹´5月29日 2019å¹´8月29日 投稿者: marker0108 16ビートは高速で弾くのが難しいもの。 めることにもなりそうです。, これでは、せっかく志を持って始めたギターも楽しめません。初心者の頃は指もまだ柔らかく、手も大きく開きませんので痛いのは当然ですが、いつまで経っても弾くたびに手が痛いようならば、一度ギターのセッティングを疑っても良いかもしれませんね。, あと、独学で変な弾き方を覚えてしまった人にも、手の違和感を訴える人が多いです。やはり、正しい弾き方を覚えるためにも基礎の段階で上手な人に教わったり、ギター教室に通ったりすることは大切ですね。, あなたにおすすめのカテゴリ ギターのストロークパターンについての解説でした。 アコギは豊富なストロークパターンと正確なリズムを刻めるだけで、かなり上手く聴こえるようになります。 逆にストロークで基本的なところを無視すると、中級者になって伸び悩みます。 みなさんには すぐに行動して. 曲より自分のギターが速すぎてリズムがずれる ・もたる. ぜひストロークの悩みを. ギターをジャンジャンとストロークしている時に、ピックがずれる、落ちると悩む人は多いです。ひどい時には飛んでいく、なんてこともあります。(経験者です。笑), ピックがずれたり落ちたりするのには、いくつかの原因が考えられます。それらを確認し、対処していけばこの問題を解決することができるはずです。, 今回は、ピックがずれたり落ちたりする原因とその対処法や、ずれないようにするための練習法を解説していきます。, ↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。, ポイントは親指です。基本の持ち方では、下図のように、親指はピックの先端の角に対して垂直の関係になるように置きます。, この時、親指は指先ではなく、腹の部分をピックに付けるようにして持ちます。こうやって親指でピックの上半分を隠すような感じにして、先端部分で弦を弾きます。, ところが、ピックのずれで悩んでいるという方の持ち方を見ると、親指がこのようになっていることがあります。, これでは演奏する時に、かなり手首を曲げなければならなくなります。すると手首に負担がかかり、長時間演奏することができません。また、安定もしないため、ピックがずれたり落ちたりします。, そのため、親指をピックの先端に対して垂直に持つという、“基本”の持ち方を練習してみましょう。, ピックの基本の持ち方については「ギター初心者の壁!正しいピックの持ち方・握り方」でより詳しく解説しています。, 2つ目の原因として考えられるのは、指に力を入れすぎているということです。指に力を入れて持ってしまうと、ピックを弦に当てた時に弦の抵抗が強くなります。すると、引っかかりが強くなるので、ピックが弦の上をスムーズに動けないようになります。, ですので、指にギューッと力を入れてしまっていないか確認してみてください。感覚としては、人指し指の側面にピックを置き、その上に親指を乗せているだけ、という感じです。, 「ピックを持つ、握る」というより、人差し指側面と親指で軽く挟むようなイメージを持ってください。, 3つ目の原因として、弦に対してピックが深く入っているということが挙げられます。つまり、こういうことです。, 上の写真のように弦に対してピックが深く入っていると、抵抗が強くなります。それにピックが負けてしまってずれるのです。ですので、ピックは弦に対して、次のように“浅め”に入れることを意識してみてください。, 1本ずつきちんと鳴らそう、と思うとピックを深く入れてしまいがちです。ですので、6本まとめて1本の弦であるようなイメージをもって、一気になでるようにジャラーンと鳴らしてみてください。そんなイメージを持つと浅く入れやすいでしょう。, ピックを弦に当てる時は、ピックの角度を弦に対して垂直にし、先端の部分を使って弦を弾きます。, さらに、先ほどポイントとして挙げた、“弦に対して浅めにピックを入れる”ことを意識します。すると、弦に当たるピックの面積が小さくなります。この場合、下の写真の赤線の部分だけ弦に当たることになりますよね。, こうやって当てることで、抵抗を感じにくくなり、ピックがずれたり落ちたりすることがなくなります。, 赤線部分を見ても分かるように、先ほどに比べて、ピックと弦が触れる面積が大きくなっていますよね。これでは抵抗が強くなるため、ピックがずれたり落ちたりしやすくなります。, これを見るとわかるように、ギターは太ももに対して垂直に構え、手は真下に振り下ろしていますよね。これが次のように斜めに構えてしまうと、ピックがずれるなどの問題が起こりやすくなります。, このように、ギターを斜めに構えてしまうと、手を前後に振ることになります。すると、ピックが引っ掛かりやすくなるので、ずれたり落ちたりしやすくなります。, しかも、この構え方だとギターの穴(サウンドホール)に落ちてしまうことも…!なので、演奏する時の腕を振る軌道が上下になるようにギターを立てて構えるようにしましょう。, 上の写真から、手首に角度がついてしまっているのが分かると思います。これは、先ほど述べた”ピックの基本的な持ち方”ができていないことによって起こる問題です。, これでは手首に負担がかかってしまいますし、親指が弦に当たるなどして、ピックもずれやすくなります。ですので、ピックの基本の持ち方で、次のように手首に角度が付かないように構えましょう。, ストロークとは、ピックで弦をジャカジャカと弾くことです。このストロークは、通常「前腕」と「手首」の両方の動きを使って行います。ですが、これを手首だけで行っている場合、ピックが弦に引っかかりやすくなります。, 6弦にピックを当て始めるとときは、親指と弦は平行になっています。ですが、下の方の弦を弾く時には、親指が真下を向いてしまっています。, このように手首だけを使ってストロークすると、弦によってピックが当たる角度が変わってしまいます。さらに、これではかなりストロークに力を要します。特に、下から上に向かって弾くアップストロークでは、かなり引っ掛かりを感じます。, ですので、ストロークは上腕と手首の両方を使って、あまり力を使わないで済む、ラクな方法で行うようにしましょう。, ピックの素材には、ツルツルしたものやサラサラしたもの、または滑り止めが付いたもの等、色々あります。基本的に、正しいピックの持ち方をすれば、どんなピックでも演奏することはできます。, 一方、サラサラとしたものは若干滑りやすく感じます。肌が乾燥気味なので、サラサラしたものだと滑るような感じがして弾きづらいです。, このように、素材によっても「合う、合わない」がありますので、色々なピックを試してみると良いですね。, また、「やけにすべるなぁ…」と感じる時は、指先に「はぁーっ」と息を吹きかけて、湿らせるのも有効です。, やり方は、左手の人差し指を伸ばし、それをギターの弦に見立ててピックで弾く、というものです。こんな感じです。, これをひたすらやる事で、ピックが抵抗を受けた時も、ずれないような持ち方を感覚的に理解することができます。この練習はギターがなくてもできるので、いつでもどこでもやってみてください◎, アコギの演奏で最もよく使われるのは「ミディアム」という厚さのものです。まず初めに「ミディアム」を購入することが一般的なので、これを使っている方は多いと思います。, これで練習を頑張れそうなら、そのまま使い続けてもらってOKです。でも、どうしてもピックがずれたり滑ったりして辛い場合は、より薄いピックを使ってみましょう。, ミディアムより薄いものには、「THIN(シン)」というものがあります。このピックは、ミディアムに比べて薄いため、非常によくしなります。曲げてみるとその違いは歴然!, ご覧の通り、THINは薄くしなりやすいので、弦に当てた時もピックが負けてくれます。そのため抵抗が少なくなり、引っかかりを感じにくくなります。「ミディアムは使えなかったけど、こっちなら演奏できた!」ということもめずらしくありません。, ただ、この薄いピックにはデメリットがあります。それは「ギターの音が弱くなる」ということです。なので、アコギを演奏する多くの人は「ミディアム」を使っています。, ですが、まずはピックを使えるようになることが大切です。なので、まずは「シン」を使ってピックの感覚を理解し、次にミディアムを使う、というように進めていくのも1つの方法です。, ・弦に対してピックが深く入ってしまっている→6本の弦を1本ずつ鳴らそうとするのではなく、全部で1本というイメージを持ち、浅めに入れることを意識する。, ・弦に対するピックの角度が良くない→ピックの先端が、弦に垂直に当たるように意識する。, ・腕を振る軌道が前後になっている→ギターを垂直に構え、上下に腕を振るようにしよう。, ・構える時やジャランと弾く時に手首に角度が付いている→手首には急激な角度を付けないようにする。, これらのポイントを1つずつ確認すると、ピックの扱い方が分かってくるはずです。さらに、この壁を越えれば、ギターがもっと楽しくなります!, Copyright © 2021 B型のことばと音楽 All rights Reserved. ギターはメロディーを弾いたり、コードで伴奏を弾く事もできる、リズム楽器。 ギターを弾く要領で、1→2→3→2→1→2→3…の動きを繰り返します。 これと同じように、下の図のように太ももを弾いてもいいです。 これをひたすらやる事で、 ピックが抵抗を受けた時も、ずれないような持ち方を感覚的に理解することができます。 さぁ、早速コードストロークのコツについて話していこうかな! っとその前 に. テレキャスターはフェンダー(fender)などで作られている、定番ギターの中では最も古い歴史をもつエレキギター。 ギターのストロークについての解説でした。 アコギ弾き語りだとストロークパターンをどれだけ持ってるかは非常に重要です。 基本形をしっかりと身に着けるのは、ストロークパターンを増やすための第一 … *目標テンポ80 まずはこちの16ビートストロークパターンを弾いてみましょう。 コード進行は我々人間が劇的に感じる感動コードを使っています。 ポイントは2拍目の最後の16分音符と3拍目の初めの16音符がタイで繋がっているとこです。 16分音符に関しましてはフィンガーピッキング講座でも解説しましたが、16分音符をストロークする時は、基準を8分音符に合わせましょう。 どいうことかと言いますと、1小節につき、8分 … リズムストローク12個を紹介します。 世の中にあるほとんどの曲は、 この12個のうちのどれかに当てはまります。 つまりこの12個が出来れば どんな曲も弾く事ができると言えます。 4分音符と8分音符のストロークに この12個を加えたら、 私は普段、ネイルはしませんが、最低限のケアをしています。 ギターはどんな弾き方でもある程度音が出ます。押さえ方さえあっていれば、手の使い方や力の入れ方が間違っていてもキレイな音も出ます。そこがなかなか難しいところなんですよね。人による弾き方の違いは個性といってしまえばそれまでですが、やはり負担のかからないギターの抱え方や手・腕・肘の使い方はマスターしておくべきです。 下記では、ギターの弾き方やギター自体のセッティングの見直しについて解説します。 コードストロークはリズムが大切. !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? /* */, 指に力を入れて持ってしまうと、ピックを弦に当てた時に弦の抵抗が強くなります。すると、引っかかりが強くなるので、ピックが弦の上をスムーズに動けないようになります。, 6本まとめて1本の弦であるようなイメージをもって、一気になでるようにジャラーンと鳴らしてみてください。, ピックと弦が触れる面積が大きくなっていますよね。これでは抵抗が強くなるため、ピックがずれたり落ちたりしやすくなります。, これではかなりストロークに力を要します。特に、下から上に向かって弾くアップストロークでは、かなり引っ掛かりを感じます。, ストロークは上腕と手首の両方を使って、あまり力を使わないで済む、ラクな方法で行うようにしましょう。, 素材によっても「合う、合わない」がありますので、色々なピックを試してみると良いですね。, 「やけにすべるなぁ…」と感じる時は、指先に「はぁーっ」と息を吹きかけて、湿らせるのも有効です。, どうしてもピックがずれたり滑ったりして辛い場合は、より薄いピックを使ってみましょう。, THINは薄くしなりやすいので、弦に当てた時もピックが負けてくれます。そのため抵抗が少なくなり、引っかかりを感じにくくなります。. ギターのコードストロークをさくっと打ち込みする方法】 ちなみにギターは構造上1つのコードでも押さえ方が複数あり、それについては以下の様なコードブック(押さえ方一覧表)をリファレンス的に扱うほうが効率的です。 解決して欲しいです。 ギター弾き語りに必須の ストロークを上達させるコツとは!? ストロークの基礎知識や 覚えておきたいパターンなど ストロークを上達させる情報を公開! さらに、アルペジオなど 演奏技術を伸ばすテクニックも 複数お伝えしていきます。 ´ç¿’しようという初心者さんには特に!見ていただきたい記事です。 目次そもそもギターのストロークっ